ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 診断書のオンライン登録(新システム)について

ここから本文です。

更新日:2021年5月21日

【指定難病・小児慢性特定疾病】診断書のオンライン登録(新システム)について

お知らせ

【指定医の皆様へ】厚生労働省より新システムに関する要件定義の資料が公開されました。詳しくは以下の資料をご確認ください。

難病・小慢DB更改に関する要件定義状況の情報共有(2020年12月 厚生労働省健康局難病対策課)(PDF:1,133KB)

FAQ(エクセル:271KB)

 

診断書のオンライン登録(新システム)の概要

診断書のオンライン登録(新システム)とは

指定難病・小児慢性特定疾病の申請を行う際に提出が必要な診断書(臨床調査個人票・診断書)については、指定医が紙媒体により作成していただくこととなっています。

現在、厚生労働省において、当該診断書をオンラインで作成・提出できるシステムの構築が検討されています。

新システムの導入後には、診断書がオンラインで提出可能となるほか、入力内容の自動チェック機能などにより指定医の負担が軽減されます。

(※本ページで紹介しております新システムの概要は、導入前の検討段階での情報です。今後の検討状況により仕様やスケジュール等が変更となる可能性があります。)

【指定医の皆様へ】臨床調査個人票・医療意見書がオンライン化されます(PDF:140KB)

新システムの全体像

  • 指定医はインターネット接続のPC端末より、難病小慢DBに接続して、画面上で臨個票・意見書を作成しDBに登録します。
  • 院内システムを導入している医療機関では、院内システム上で臨個票・意見書を作成し、院内システムから臨個票・意見書データを掃き出して、インターネット接続のPC端末より次期DBに登録することも可能です。
  • その後、患者は現行同様に臨個票・意見書及び申請書を自治体へ提出し、自治体は臨個票・意見書記載のアクセスキーからDBの臨個票意見書データを取得して審査を実施します。

  

全体像

 

ロードマップ(イメージ)

  • 令和二年度にシステムの調達を行い、令和三年度から令和四年度にかけてシステムのオンライン化等の機能の追加、令和四年度中に運用開始を目指しています。

ロードマップ

 

問い合わせについて

診断書のオンライン登録(新システム)に関する質問等は、問合せシートに記入のうえ、下記送付先へメールにて送付いただきますようお願いします。

なお、お問い合わせ内容は個別に回答されず、厚生労働省においてFAQに追加して対象者へ周知される予定となっておりますので、あらかじめ御了知願います。

 問い合わせシート(エクセル:265KB)

送 付 先
茨城県保健福祉部疾病対策課

【メールアドレス】yobo(at)pref.ibaraki.lg.jp

※迷惑メール防止のため,【アットマーク】を(at)と標記しております。送信する際は【アットマーク】を入力するようお願いいたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部健康・地域ケア推進課難病対策

茨城県水戸市笠原町978番6

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?