ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 健康づくり・病気予防 > 難病対策 > 診断書のオンライン登録(新システム)について

ここから本文です。

更新日:2024年7月8日

診断書のオンライン登録(新システム)について

お知らせ

〇難病ユーザ登録の再開について

難病と小慢を兼業している難病指定医について、登録を停止していましたが、再開いたしました。

交付申請の方法については、「難病・小慢データベースの利用に係る指定医ID・パスワードの交付について」

をご参照願います。

情報提供資料一覧

〇厚労省ホームページに周知用のページが設けられました。(2023年9月29日)

指定難病患者データベース及び小児慢性特定疾病児童等データベースに関するホームページ (外部へリンク)(外部サイトへリンク)

〇周知資料を追加しました。(2023年8月21日時点)

公表用:【医療機関編】 難病小慢DBに関する周知資料_R5年7月周知用.pdf(PDF:1,234KB)

公表用:難病・小慢DBシステム利用マニュアル(共通編) 医療機関用.pdf(PDF:3,447KB)

公表用:難病・小慢DBシステム利用マニュアル(小慢編) 医療機関用.pdf(PDF:5,120KB)

公表用:難病・小慢DBシステム利用マニュアル(難病編) 医療機関用 .pdf(PDF:4,534KB)

公表用:別添_医療機関向け_難病小慢DB更改に関する周知(詳細)_2023年7月版.pdf(PDF:930KB)

〇これまでに厚生労働省より公開された資料について以下に掲載します。(2022年7月時点)

難病・小慢DB更改に関する設計状況の情報共有(2022年2月 厚生労働省健康局難病対策課)(PDF:2,216KB)

難病・小慢DB更改に関する医療機関向け周知資料(詳細)(2022年2月 厚生労働省難病対策課)(PDF:308KB)

別紙(要件定義)業務フロー図(指定医ID払い出し)(PDF:341KB)

ファイルレイアウト資料(ZIP:216KB)

(指定医向け)次期難病・小慢DB向けチェックツール仕様の情報共有(ZIP:868KB)

FAQ【R4年7月20日更新】(エクセル:271KB)

(指定医向け)次期難病・小慢DB向けチェックツール仕様の設計書・レイアウト定義書等【R4年7月20日追加】(ZIP:868KB)

臨個票等のオンライン登録の概要

臨個票等のオンライン登録とは

指定難病・小児慢性特定疾病の申請を行う際に提出が必要な臨個票等(臨床調査個人票・医療意見書)については、厚生労働省において、データベースへのオンライン登録ができるシステムの構築が検討されています。

オンライン化の導入後(※1)には、臨個票等の入力内容の自動チェック機能等により指定医の負担が軽減(※2)される見込みです。(医療機関の方は、本ページ下部の「指定医又は指定医の在籍する医療機関の方へ」をご確認願います。)

1 院内システムとデータベースを連携させる場合、院内のシステム環境整備が必要になります。

2 オンライン化導入後も紙媒体での診断書提出は必要です。また、データベースへの登録事務など、従来から増加する事務もございます。

(※本ページで紹介しております新システムの概要は、導入前の検討段階での情報です。今後の検討状況により仕様やスケジュール等が変更となる可能性があります。)

オンライン化後の医療費助成の申請とデータ登録の流れ(イメージ)(PDF:302KB)

スケジュール

 令和5年 8月:指定医ID払出しに関する機能の先行リリース
 令和5年10月:次期小児慢性特定疾病データベースの運用開始
 令和6年 4月:次期指定難病患者データベース の運用開始
 

 ※全ての医療機関が一斉に導入するものではありません。

難病・小慢データベースの利用に係る指定医ID・パスワードの交付について

小児慢性特定疾病指定医または、難病指定医の皆様に難病小慢DBをご活用いただくためには、茨城県等へID・パスワードの交付申請が必要です。(通知)(ワード:37KB)

下記のとおり、交付申請の受付を行います。

【申請対象者】

 茨城県から指定された難病(協力難病)指定医又は小児慢性特定疾病指定医が主たる勤務先とする医療機関

【申請方法】

 1 申請書内の「医療機関ユーザーデータファイル」のシートに必要項目を入力

 ※医療機関でまとめてご記載願います。

 2 提出先メールアドレスに送付 

 ※ファイル名は「【医療機関名】_申請月日4桁_指定医ID・パスワード申請書」としてください。

 ※メール件名は「指定医ID・パスワード申請書(医療機関名)」としてください。

【申請書様式】

 医療機関ユーザーファイル(エクセル:124KB)

【提出先】

 茨城県保健医療部疾病対策課 yobo6@pref.ibaraki.lg.jp

【その他留意事項】

  • 申請は随時受け付けていますが、小慢指定医が10月1日から利用開始する場合は、9月6日(水曜日)までに申請する必要があります。
  • オンライン化システムを使用せず従来通りの運用を継続することも可能です。
  • 申請前に周知資料「【医療機関編】 難病小慢DBに関する周知(PDF:1,234KB)」をご一読願います。
  • 医療機関単位での申請において、医療機関で1番目に登録された指定医に自動的に責任者権限(※)が付与されます。「医療機関ユーザーデータファイル(エクセル:124KB)」の先頭行に記載した指定医に責任者権限が付与されることになります。
  • 責任者とは、医療機関の全ユーザに対してアカウント登録やパスワード初期化、アカウントロック解除、暗号化鍵再発行等ができるユーザ種別です。登録できる責任者は、各医療機関に1名のみです。(詳細は「公表用:難病・小慢DBシステム利用マニュアル(共通編) 医療機関用(PDF:3,447KB)」17ページをご参照ください。)
  • 水戸市内の小児慢性特定疾病指定医療機関は、水戸市へ申請書を提出する必要があります。水戸市からの通知に則ってご申請ください。

令和6年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金(指定難病・小児慢性特定疾病)の交付申請について

1 補助対象となる医療機関

次の(1)、(2)のいずれか
 (1)特定医療費(指定難病)指定医が勤務している医療機関
 (2)小児慢性特定疾病指定医が勤務している医療機関

いずれにも該当する医療機関は、(1)でのみ交付申請することができます。

2 補助金交付要項

令和6年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金(指定難病)交付要項(ワード:83KB)

令和5年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金(小児慢性特定疾病)交付要項(ワード:96KB)

3 提出資料 ※以下の様式は交付要項内を確認ください。

【難病】

令和6年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金(指定難病)交付申請書」(様式第1号)

「令和6年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金所要額調書」(別紙1)

【小慢】

令和5年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金(小児慢性特定疾病)交付申請書」(様式第1号)

「令和5年度茨城県医療機関システム環境整備事業費補助金所要額調書」(別紙1)

4 提出期日・提出先

令和7年1月31日(金曜日)までに、茨城県保健医療部疾病対策課 難病対策担当

あてメールで送付願います。(メールアドレス:yobo6@pref.ibaraki.lg.jp)

5 留意事項

 ・当該補助金は、国からの交付金を財源としているため、国からの交付状況によっては、減額調整させていただくこともありますので、御了承願います。

 ・補助事業が完了した日から起算して30日を経過した日又は令和7年3月31日(月曜日)のいずれか早い日までに実績報告書を提出してください。

問い合わせについて

診断書のオンライン登録に関する質問等は、問合せシートに記入のうえ、下記送付先へメールにて送付いただきますようお願いします。

なお、お問い合わせ内容は個別に回答されず、厚生労働省においてFAQに追加して対象者へ周知される予定となっておりますので、あらかじめ御了知願います。

 問い合わせシート(エクセル:265KB)

送 付 先

茨城県保健医療部疾病対策課 

【メールアドレス】yobo6(at)pref.ibaraki.lg.jp

迷惑メール防止のため,【アットマーク】を(at)と標記しております。送信する際は【アットマーク】を入力するようお願いいたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健医療部疾病対策課難病対策

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3220

FAX番号:029-301-3239

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?