更新日:2020年5月19日

ここから本文です。

少年相談コーナー

少年(20歳未満)の非行や犯罪被害の問題(悩み)について、少年自身や保護者からの相談に応じています。電話、メール及び面接による相談を受け付けています。例えば、以下のような悩みについて、お一人で抱え込んでいませんか?
【未成年の方】

  • 先輩にお金を持って来いと言われ困っている。
  • 下着姿の写真をSNSで知り合った人に送ったら、その後、どんどん要求がエスカレートして怖い。
  • グループでカラオケに行ったら、たまたま同じクラスの男子と2人りなって、無理矢理キスをされ、胸を触られた。

【保護者の方】

  • 息子の無断外泊が続き、どこに泊まっているのかもわからない。
  • 娘がSNSで知り合った人に会いに行くと言っている。
  • 娘が学校でわいせつ行為をされた後、不安定な状態が続いている。

身近な人にはかえって相談しづらいこともあります。
もし、あなたがこのような悩みをお持ちでしたら、一人で抱え込まずに、少年相談コーナーにご相談ください。
警察官や少年補導職員(公認心理師含む)が、あなたのお話をしっかりと聞きます。
そして、どのように悩みや問題に対応していけばよいのか、一緒に考えていきましょう。 

電話での相談

  • 少年サポートセンター水戸/電話:029-231-0900(まるくおさまる)
  • 少年サポートセンターつくば/電話:029-847-0919(まるくいく)

(※)平日午前8時30分から午後5時15分までは少年サポートセンターが対応
(※)夜間、土曜日、日曜日及び祝日は警察本部当直が対応

メールでの相談

メールアドレス:keishonen@pref.ibaraki.lg.jp

(※)平日午前8時30分から午後5時15分までは少年サポートセンターが対応
(※)夜間、土曜日、日曜日及び祝日のメール相談対応は、翌日以降の平日となりますので、お急ぎの相談は電話又はお近くの警察署へご相談ください。

関連情報

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:生活安全部少年課

連絡先:029-301-0110