ホーム > 安全安心なくらし > 少年の非行・被害防止 > 少年サポートセンターについて

更新日:2020年3月26日

ここから本文です。

少年サポートセンターについて

少年サポートセンターは、少年相談からサポート活動広報、啓発まで、少年非行防止のためにさまざまな活動をしています。

どんなところなの?

少年の非行を防止するためには、家出、喫煙、夜遊びなどの問題行動の段階で、適切な対応を取ることが大切です。
また、犯罪などの被害にあった少年に対しても、早期に立直るための支援が必要です。茨城県警察少年サポートセンターでは、少年補導職員などが少年の非行防止と健全育成を図るためのさまざまな活動を行っています。

少年補導職員とは

少年の非行や犯罪被害の問題に対応するため配置されている専門職員です。

どんなことをしているの?

少年相談活動

少年の非行や犯罪被害の問題に関して、少年自身や保護者からの相談に応じています。電話、Eメールと面接による相談を受け付けています。

どうしよう先輩からお金を要求されている、息子が無断外泊を繰り返すので心配など、どうしようと一人で悩まないで少年相談コーナーへ相談してください。

秘密は固く守ります!

電話での相談

  • 少年サポートセンター水戸
    電話:029-231-0900(まるくおさまる)
  • 少年サポートセンターつくば
    電話:029-847-0919(まるくいく)

平日午前8時30分から午後5時15分まで
夜間・土曜日・日曜日・祝日は警察本部当直対応

電子メールでの相談

メールでのご相談は、下記のメールアドレスにて受け付けております。

(※)メールの対応は、平日午前8時30分から午後5時15分までです。

(※)夜間、土曜日、日曜日、祝日のメール相談対応は翌日以降の平日となりますので、急ぎの相談は電話又はお近くの警察署へご相談してください。

メールアドレス:
keishonen@pref.ibaraki.lg.jp

面接での相談

面接相談には予約が必要です。
少年相談コーナーまでご連絡ください。

少年サポートセンターは水戸市とつくば市にあります。ご都合の良い方をご利用いただけます。
来所相談だけでなく、ご自宅や近くの施設などを利用して相談もできます。

少年サポートセンター案内図

少年サポートセンター水戸

少年サポートセンター水戸の地図(外部サイトへリンク)

少年サポートセンター水戸案内図(PDF:55KB)

少年サポートセンターつくば

少年サポートセンターつくばの地図(外部サイトへリンク)

少年サポートセンターつくば案内図(PDF:99KB)

サポート活動

非行少年や犯罪被害を受けた少年に対し、保護者の同意を得て、少年補導職員等が、電話や面接による継続的な助言、指導を行い、少年の立直りを支援する活動です。また、必要により複数の機関(サポートネットワーク)により支援チーム(少年サポートチーム)を組んでサポート活動を行います。


サポートアドバイザーとは

警察本部長の委嘱を受け、少年補導職員や地区サポーターに対し、アドバイスを行うカウンセリング等の専門家です。

サポートネットワークとは

少年の健全育成に関わる88の関係機関・団体で作るネットワークです。複数の機関が連携する必要があるときは、最も適した機関・団体等の担当者からなる少年サポートチームを編成します。

非行防止活動

非行防止をテーマとした「非行防止教室」を実施しています。対象は、小学5・6年生、中学生、高校生及びその保護者です。

非行防止教室の概要(非行防止教室・薬物乱用防止教室)

薬物乱用防止活動

薬物乱用防止教室やメディアを使った広報などにより、薬物乱用の恐ろしさ、薬物乱用から身を守るための方法など、薬物乱用防止に関する正しい知識について広報啓発しています。

薬物乱用防止教室の概要(非行防止教室・薬物乱用防止教室)

街頭補導活動

家出をしている少年や喫煙をしている少年、学校をさぼっている少年に声をかけ、話を聞き、助言・指導をします。

広報啓発活動

少年の非行防止や健全育成のための情報を、各種メディア等を利用して地域、学校、家庭に情報を提供しています。

情報発信活動

県内の少年非行の状況、少年の非行や犯罪被害の防止に関する情報を、ホームページやラジオ広報などを通じて提供しています。

情報提供

啓発チラシ

7月は青少年の非行・被害防止全国強調月間。

青少年の非行・被害防止全国強調月間チラシ

青少年の非行・被害防止全国強調月間チラシ(PDF:376KB)

少年のニセ電話詐欺加担防止

近年、中・高生を含む子どもたちが、遊ぶ金欲しさから、先輩や知人などからの誘いに安易に応じて、ニセ電話詐欺に加担し、受取役になるなどして逮捕されるケースが見られます。ニセ電話詐欺のやまない被害の裏に、使い捨てにされる少年の存在があります。「犯罪になるとは思わなかった」といっても通用しません。それ、犯罪です。

少年のニセ電話詐欺加担防止啓発チラシ(PDF:328KB)

「JKビジネス」はNO!

「JKビジネス」は手軽なアルバイトではなく、危険なアルバイトです。絶対に働いてはダメ!
一見すると問題のないアルバイト先に見える場合でも、女子高校生等が客から児童買春等の被害に遭うなどのケースが目立っています。

「JKビジネス」は手軽なアルバイトではなく、危険なアルバイトです。絶対に働いてはダメ!一見すると問題のないアルバイト先に見える場合でも、女子高校生等が客から児童買春等の被害に遭うなどのケースが目立っています。

「JKビジネス」はNO!チラシ(PDF:401KB)

関連情報

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:生活安全部少年課

連絡先:029-301-0110

メール:keishonen@pref.ibaraki.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。