ここから本文です。

更新日:2018年5月29日

費用及び利用条件等について

費用(企業・団体等)

  • ご利用者様のメディアコンバータやルータ等の設置費用(AP及びご利用者様拠点において発生します。)
  • ご利用者様のメディアコンバータやルータ等に係る電力使用料
  • 電気通信事業者の専用線接続サービス利用料(APからご利用者様拠点間において発生します。)
  • 電気通信事業者のダークファイバを調達して提供するサービスの利用料(APからご利用者様拠点間において発生します。)
  • 接続設計書の作成に係る費用など

費用(ISP)

  • IBBNL2スイッチまでの接続ケーブル配線工事費用
  • AP設置ビル内への回線引込み工事費用
  • AP設置ビル内配線工事費用
  • 障害発生等の理由によりAP内にISPが入室する際のAP設置ビル管理者の立会費用(別途ISPとAP設置ビル管理者間で個別契約となります。)など

APに設置する機器の条件等

各APには、ご利用者様が設置するメディアコンバータやルータ等を収容するための19インチラックを、県があらかじめ用意させていただきます(ラック使用料,空調等共益費は無料)。
ただし、県が用意するラックにご利用者様が設置する機器の条件は、以下のとおりとさせていただきます。

  • すべての機器は、原則として2ユニット(高さ88ミリメートル幅430ミリメートル奥行600ミリメートル)以内に収めること。
  • 電源は、一般商用AC100V対応であること。
  • 消費電力は、持込み機器全体で1A以内であること。
  • コンセントプラグの形状は、接地形3極プラグであること。
  • 機器には、利用者名がわかるような表示をすること。

2ユニットを超える機器設置を行う場合は、ネットワーク管理者(県情報システム課長)へ協議が必要です。
また、県が用意するラックには限りがありますので、ご利用者様のご希望に添えない場合があります。

セキュリティ及び信頼性

  • IBBNは、L2スイッチのVLAN技術とVLANTagを使用して、論理的に分割された利用者専用のネットワークとなります。
  • ファイアウォールの設置について
    IBBNは、VLAN技術を活用しご利用者様ごとのセキュリティを確保していますが、ご利用者様が,インターネット等外部のネットワークに接続した場合のご利用者様個々のセキュリティに関しては、ネットワーク管理者は責任を負いません。そこで、ご利用者様各自でファイアウォールを設置しセキュリティ対策を施す必要があります。

ご利用に供する期間

  • 供用開始日(平成15年4月1日)から平成33年2月までを予定しています。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部情報システム課情報化推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2546

FAX番号:029-301-2598

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?