ここから本文です。

更新日:2018年3月16日

ご利用方法について

  • 県内にある支店・工場等が最寄のAPに接続し、低コストで高速・安全なプライベートなネットワークとして利用することができます。
  • 県内にある事業所が、最寄のAPに接続しIBBNを経由してインターネットへ接続することにより、県外や海外の拠点とネットワークを構築することができます。
  • インターネットへの接続に関しては、別途ISPとの契約が必要です。

IBBNのご利用事例の一部をご紹介します

  • 例1:データセンター事業者

 

従来は、データセンターサービスを、県内の一部のお客様のみに提供していました。

IBBNをバックボーンとしてご利用いただくことにより、より多くのお客様にサービスを提供することが可能になりました。

データセンター

  • 例2:病院

従来は、胸部CT撮影画像データを磁気媒体に出力し、郵送で離れた病院へ読影依頼をして結果報告を受けていました。

IBBNをご利用いただき大容量の画像データを伝送。迅速な診断が可能になり、受診者のプライバシーの安全もより一層確保されました。

病院

  • 例3:小売業者

従来は、ブロードバンド環境に恵まれなかったため、国内外拠点間の受発注情報や生産・資材管理情報などのやり取りを、Faxにより行っていました。

IBBNを経由し高速・大容量でインターネットへ接続して、国内外にある拠点をネットワーク化。情報の送受信が迅速化し、効率的な経営が可能になりました。

小売

このページに関するお問い合わせ

政策企画部情報システム課情報化推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2546

FAX番号:029-301-2598

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?