ここから本文です。

茨城県中性子ビームライン(Ibaraki Neutron Beamline) 

English

toppage system equipment procedure seminar accomplishment inquiry link

目的

茨城県では,2008年12月の大強度陽子加速器施設(J-PARC)の供用開始に合わせ,J-PARC内に県独自の2本の中性子ビームライン(材料構造解析装置,生命物質構造解析装置)を設置し,広く産業界の利用に供することにより,次の将来像の実現を目指しています。
(1)中性子の産業利用による革新的な新技術等の創出
(2)県内中性子関連産業の育成を通じた地域産業への波及
(3)研究者・技術者の集積に伴う研究拠点の形成