ホーム > 茨城を創る > まちづくり > 公共工事 > 建設リサイクル情報

ここから本文です。

更新日:2024年5月10日

建設リサイクル情報

主な業務ショートカット

建設リサイクル法について 建築物・構造物を取り壊したい 解体工事業の登録(変更)をしたい リサイクル建設資材の認定について建設工事の手続きについて 様式集 計画・基準等 関係機関等へのリンク 

   

TOPICS

 

 

建設リサイクル関係

建設リサイクル法について(バナー)

 

建築物・構造物を取り壊したい(バナー)

【重要】

 解体工事(軽微な工事)は、建設業法の許可(土木工事業、建築工事業、解体工事業)を受けている場合を除き、知事による解体工事業者としての登録を受けている者である必要があります。

 また、発注者(施主)の責任として、工事の計画等について届出を義務付けられております。

 ※軽微な工事・・・請負代金の額が500万円未満の工事。ただし、建築一式工事にあたっては、請負代金が1,500万円未満の工事又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事。

 工事発注から実施の流れ 

 <参考>茨城県知事建設業許可業者一覧(県監理課ホームページにリンク)(外部サイトへリンク)

 建設業者・宅建業者等企業情報検索システム(国土交通省)(外部サイトへリンク)

解体工事業の登録(変更)をしたい

 解体工事業を営もうとする場合は、請け負おうとする解体工事の規模や額にかかわらず、工事を施工しようとする区域を管轄する都道府県知事への登録が義務付けられています

 ただし、土木工事業、建築工事業、解体工事業に係る建設業の許可を受けた方は、改めて登録する必要はありません

リサイクル建設資材の認定制度について(バナー) 

建設工事の手続きについて(バナー)

建設発生土の搬出先の明確化等【令和5年5月26日以降の新規契約工事対象】

  FAQ(茨城県検査指導課建設リサイクルG作成)(PDF:107KB)

  別添1 計画に記載した搬出先から他の搬出先に搬出された場合等に作成する書面(参考例)(エクセル:17KB)

 【参考】国土交通省リンク

   建設発生土の搬出先計画制度(外部サイトへリンク)

建設発生土の有効利用

→ 公共工事で建設発生土を他市町村へ搬出する場合に使用する様式です。

再生資源利用(促進)計画書・実施書について

様式関係

様式集(バナー)

計画・基準等

 → 茨城県における建設リサイクル関係施策について(PDF:85KB)

関係機関等へのリンク(バナー)

 

 廃棄物施設・再資源化施設一覧

 →産業廃棄物処分業者名簿(廃棄物規制課のページへリンク)

 →コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊は、指定工場一覧の受入工場をご確認ください。

 ※県土木部発注工事では、現場から発生するコンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊については、土木部指定工場の再資源化施設へ優先して搬出することとなっております。

その他

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部検査指導課建設リサイクル

〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-4386

FAX番号:029-301-4389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?