ここから本文です。

更新日:2016年3月24日

沿革

 

明治33年4月
東茨城郡酒門村(現在の水戸市酒門町)に茨城県立農事試験場として創立

昭和4年5月
新治郡石岡町(現在の石岡市)に石岡試験地を設置し,農水省指定陸稲地方試験を開始

昭和5年7月
酒門村より東茨城郡上大野村細谷(現在の水戸市若宮町)に移転

昭和11年4月
稲敷郡竜ケ崎町(現在の竜ケ崎市)に竜ケ崎原種圃を設置

昭和16年9月
真壁郡新治村(現在の新治郡新治村)に新治試験地を設置

昭和24年11月
茨城県立農事試験場友部分室を設置

昭和25年6月
茨城県農業試験場と改称

昭和43年10月
水戸市若宮町から現在の水戸市上国井町に移転

昭和43年11月
石岡試験地および友部の畑作経営部を本場に統合し,竜ケ崎,協和原種農場を試験地と改称

昭和48年6月
竜ケ崎試験地を竜ケ崎市栄町から,現在の竜ケ崎市大徳町に移転

昭和56年5月
協和試験地を廃止

平成4年7月
農業総合センタ-発足に伴ない,茨城県農業総合センタ-農業研究所と改称,部から研究室制へ,育種部は生物工学研究所へ移転,竜ケ崎試験地は水田利用研究室と改称

平成12年4月
研究所は発足100周年を迎えました。

平成18年4月
環境研究室と土壌肥料研究室を合併し環境・土壌研究室と改称

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター農業研究所庶務課

茨城県水戸市上国井町3402

電話番号:029-239-7211

FAX番号:029-239-7306

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?