ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 鹿行地域 > 土地改良部門(鉾田土地改良事務所) > ため池や水路等における事故にご注意ください!!

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

ため池や水路等における事故にご注意ください!!

 県内では毎年,ため池や水路などで水難・転落事故が発生しています。

 

土地改良施設に係る人身事故発生件数(茨城県内)

年度 H26 H27 H28 H29 H30 合計
事故件数 5件 1件 7件 7件 1件 21件
死亡事故数 5件 1件 7件 7件 1件 21件

 

 平成22年度及び平成23年度には,小学生が用水路に転落して死亡する事故が発生しています。平成24年度以降小学生の死亡事故は発生していないものの,過去5年間で21件の事故が発生しており,死亡事故へとつながるケースが多く見受けられます。

 

 特に3月~9月の時期は,水路やため池等で水量が増して水深が深くなり,水の流れが速くなっている場所があります。

 児童生徒が夏休みとなる7月~8月は,ため池や水路等の土地改良施設における水難・転落事故が発生しやすい時期と考えられます。

 子どもが施設周辺で遊ばないように声を掛けていただくとともに,遊んでいる子どもを見かけた際にはご注意くださるようお願いいたします。

 ご家族のほか,地域の皆さまを含めた地域全体での声掛け・見守りを行うようご協力をお願いします。

 

 また,子どもだけでなく大人であっても,誤って水路等に転落してしまう場合があります。農作業等で施設の付近を通る際は,十分ご注意ください。

 

土地改良施設管理者の方へ

 土地改良施設管理者の方におかれましては,事故等を未然に防止するために,下記の点について万全な対策を期すようお願いいたします。

 

<既存の施設の点検・整備補修及び巡視>

  • 土地改良施設及びその周辺を巡視・監視し,当該施設の安全性について十分な点検,確認を行うこと。
  • 安全柵,立て看板の設置等により,事故を未然に防止するための対策を講じること。また,既設の安全柵,立て看板等が破損している場合には,早急にその修繕等の改善措置を講じること。

<事故防止啓発の実施>

  • 土地改良施設での事故防止のための啓発文書等を自治会,学校等に配布し,地域住民の事故の未然防止に対する広報活動を行うこと。特に学校に対しては,児童,生徒の事故の未然防止のための協力を依頼すること。

<賠償責任保険への加入>

  • 万が一,事故が発生してしまった場合に備えて,土地改良施設賠償責任保険への加入を検討すること。

 

事故防止

このページに関するお問い合わせ

鹿行農林事務所土地改良部門 

茨城県鉾田市鉾田1367-3鉾田合同庁舎内

電話番号:0291-33-4121

FAX番号:0291-33-5956

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?