ここから本文です。

更新日:2019年10月21日

茨城県中性子ビームライン(Ibaraki Neutron Beamline) 

English

toppage system equipment procedure seminar accomplishment inquiry link

ご利用の流れ(産業利用 メールインサービス課題)

flow10 flow11 flow12 flow13 flow14 flow15 flow16 flow17 flow18 flow19 flow20

※各アイコンをクリックすると詳細ページに遷移します 。

生命物質構造解析装置(iBIX/BL03)は,メールインサービスがご利用になれませんのでご注意ください。

各種様式はこちら

1.募集要項

こちらをご確認ください。

2.利用相談

 こちらまでご相談ください。なお,実験内容により,他施設等の紹介をさせていただく場合があります。

3.課題申請

J-PARC課題申請システムを利用した電子申請となります。
事前に「課題申請にあたり注意して頂きたいこと」をお読みいただいた上で,ご申請ください。

システム内の,1.物質・生命科学実験施設→2.茨城県公募→3.ご希望する課題(利用区分・時期等)からお選びください。なお,申請書は日本語で記載してください。

予定時間以上の申請があった場合には,申請書の提出順により採択します。このため,成果専有型課題であっても課題採択されないことがありますのでご承知願います。 

4.採択通知

採択通知は,E-mail及び書面にて実験責任者あてお送りいたします。

なお,実験実施日の調整については,別途,装置責任者からE-mailにてご連絡いたします。

 「J-PARCセンターユーザーズオフィオスからのお知らせ」も併せてご確認ください。

5.利用手続

① 必要書類の送付(採択通知後,1週間以内)

書類作成における注意事項をよくお読みの上,以下の書類を作成し,茨城県事務室(宛先はページ最後に記載)までご郵送ください。

提出書類

実験責任者

共同実験者

1 茨城県中性子ビームライン利用承認申請書[様式]

-

2 茨城県中性子ビームライン利用契約約款[様式]

-

採択通知到着後,1週間以内を目安にご提出ください。具体的な提出締切日については、採択通知の際にお知らせいたします。 

利用承認申請書のインターネット受け付けを開始しました

    「いばらき電子申請・届出サービス」により,インターネットから利用承認申請書をご提出頂けます。(2019年10月31日~)

   以下のURLから「いばらき電子申請・届出サービス」にアクセス頂き,ご提出ください。(必ず採択通知の連絡を受けた後に,ご提出ください。)    

   URL:https://s-kantan.jp/pref-ibaraki-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=11363

② 実験実施にかかる手続き(実験を行う2週間前まで)

J-PARC利用者支援システムからのお手続きになります。 

※課題申請時にご登録いただいた「課題申請システム」とは,別のシステムです。大変お手数ですが,改めて新規ユーザー登録をお願いいたします。

お手続き内容

実験責任者

1 ユーザー登録(初めてJ-PARCをご利用になる方のみ)

  および用務追加(実験課題番号の登録)

2 試料および薬品等持込申請書

※上記のお手続きは,「①必要書類の送付」の書類提出後に入力が可能となります。お急ぎの場合には,電子データにより必要書類をご提出ください。(原本は後日郵送)

6.事前摺合わせ(測定日の2週間前まで)

測定にあたり,以下の項目について実験責任者宛にE-mailにてご確認させていただきます。

・試料BOXの送付先

・必要な試料ホルダー(バナジウム製)の本数など

確認後,測定日の約2週間前までに着払いにて試料BOXをお送りいたします。バルク材料については,別途調整させていただきます。

siryoubox

7.試料準備(測定日の1週間前まで)

試料BOXが届きましたら試料ホルダーに試料を封入し,茨城県事務室(宛先はページ最後に記載)まで元払いにてお送りください。また,「測定試料送付状」に測定試料名・測定時間等を記載し,実験責任者が署名したものを同封してください。(様式は以下からダウンロードできます。)

J.Sample IDは,実験にかかるお手続きの「試料および薬品等持込申請書」を申請した際に,後日通知される審査結果において,試料ごとに振られるIDとなります。審査結果が間に合わない場合は,空欄で提出いただき,審査結果到着後,改めて入力したファイルをE-mailにて茨城県事務室までお送りください。

事前に送付いただくもの

実験責任者

1 試料を封入した試料ホルダをいれた試料BOX

2 測定試料送付状(実験責任者の署名が必要)[様式]

8.測定結果受領 及び ビーム使用報告

(1)測定データについて

茨城県において測定代行したデータは,後日,実験責任者宛にE-mailにてお送りいたします。

(2)ビーム使用報告書の提出(測定終了後,3日以内)

J-PARC利用者支援システムにより,実験実施時間等についてご報告ください。成果専有課題についても,提出が必要となりますのでご注意願います。実験実施時間については,装置責任者から連絡がありますので,その時間を入力してください。

9.利用料金のお支払い

ビームライン利用料金のお支払に必要な納付書等を1週間程度で実験責任者宛にお送りいたします。納期限は,約1カ月となります。遅延の無いようお支払をお願いいたします。年度末等で納付書が早めに必要な場合には,事前にお申し付けください。実験終了後,速やかに発送できるよう手配いたします。なお,茨城県発行の納入通知書とJAEA発行の請求書は別々の発送となりますのでご承知おきください。

<利用料金の請求方法>

区分

請求方法

茨城県料金

茨城県発行の納入通知書

J-PARC料金

※成果専有課題のみ

JAEA発行の請求書

10.実験報告(成果公開課題のみ)

1.2018年10月以降に産業利用課題を申請された方

実験報告書はJ-PARC研究成果管理システムからご提出ください。ユーザーID,パスワードはJ-PARC利用者支援システムと同一です。

 2.2018年9月までに産業利用課題を申請された方

  以下の様式をダウンロードし,作成の上,ワードファイルのままE-mailにて茨城県事務室までご提出ください。

様式ダウンロード→実験報告書(茨城県BL様式)

成果公開課題は,実験により得られた成果を公開していただくことを前提として利用料金を安くしております。このため,実験報告書の提出がない場合には,成果専有課題の利用料金を請求させていただくこととなりますのでご注意願います。

11.お問い合わせ

◆J-PARCセンターユーザーズオフィス

J-PARC入構手続きから実験実施,J-PARC利用者支援システムに関することなど
【電話番号】029(284)3398
【E-mail】j-uo@ml.j-parc.jp                                  
【URL】 http://is.j-parc.jp/uo/ja/index.html                      
【営業時間】9時~17時(土日祝日等を除く)
【アクセス】http://is.j-parc.jp/uo/ja/access.html
【住所】〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162番地1いばらき量子ビーム研究センター1F

◆茨城県中性子ビームラインお問い合わせ窓口(茨城県事務室)

課題申請,実験報告書の提出,利用料金の請求等に関すること
【電話番号】029(352)3301
【E-mail】info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp
【営業時間】9時~17時(土日祝日等を除く)
【住所】〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162番地1いばらき量子ビーム研究センター1F D106号室

 

 TOPに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業戦略部科学技術振興課中性子利用推進

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-352-3301

FAX番号:029-352-3309

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?