ホーム > 茨城を創る > 科学技術・研究開発 > 茨城県中性子ビームラインの産業利用(Ibaraki Neutron Beamline) > 茨城県中性子ビームライン(Ibaraki Neutron Beamline)   > 茨城県中性子ビームライン技術顧問の東北大学名誉教授野田幸男先生が日本中性子科学会功績賞を受賞

ここから本文です。

茨城県中性子ビームライン技術顧問の東北大学名誉教授 野田幸男先生が日本中性子科学会功績賞を受賞

■ 日本中性子科学会が広く日本の中性子科学の発展に顕著な功績のあった者に対して授与する功績賞受賞者に,茨城県中性子ビームライン技術顧問の東北大学名誉教授 野田 幸男 先生が選ばれ,中性子科学会年会(2020年11月9日~11日)においてオンライン授与式と受賞講演が行われました。受賞テーマは「中性子構造解析装置の発展および日本の中性子科学コミュニティ発展に対する貢献」です。

■ 今回の受賞理由として「構造物性研究並びに国内外の数多くの中性⼦構造解析装置の開発・⾼度化という科学的功績のみならず,中性⼦科学の黎明期から⽇本の中性⼦科学分野の発展のために尽⼒し,今⽇の⽇本中性⼦科学会および中性⼦科学分野の礎を築いた功績は極めて⼤きく,⽇本中性⼦科学会功績賞に値する」と評されています。

■ 野田先生におかれましては,茨城県中性子ビームライン事業において,中性子ビームライン黎明期の2005年から装置仕様に関する中性子実験装置評価委員会委員長としてご尽力をいただくとともに,2008年10月から2013年3月まで茨城県中性子ビームライン課題採択委員会委員長を務められた他,2013年4月から茨城県中性子ビームライン技術顧問として,生命物質構造解析装置(BL03/iBIX)における検出器位置の高精度決定によるデータ精度の向上や,材料構造解析装置(BL20/iMATERIA)におけるビーム光軸及び検出器位置パラメータ調整等,様々な分野において技術指導をいただいており,茨城県中性子ビームラインの機能高度化・産業利用推進に多大なるご貢献をいただいております。

 

お問合わせ

茨城県中性子ビームラインお問い合わせ窓口(茨城県事務室)
いばらき量子ビーム研究センター
E-mail:info-neutron@pref.ibaraki.lg.jp
電話番号:029-352-3301
〒319-1106 茨城県那珂郡東海村白方162番地1