ここから本文です。

更新日:2021年4月28日

医療福祉費支給制度(マル福)

医療福祉費支給制度(通称:マル福)は、健康保険証を使って医療機関を受診した場合に、医療費の負担を一部助成する制度です。

対象となる方

対象区分【重症心身障害者等】

  • 身体障害者手帳1・2級の交付を受けた方
  • 身体障害者手帳3級の内部障害の交付を受けた方
  • 障害年金1級に該当された方

対象区分については、県ホームページ『医療福祉(マル福)のしくみ』をご覧ください。

自己負担

上記の対象となる方の自己負担はありません。

申請先

お住いの市町村で手続きをし、「医療福祉費受給者証」の交付を受けてください。

助成方法

  • 県内の医療機関を受診する場合

市役所・町村役場から交付される「医療福祉費受給者証」と「保険証」を一緒に医療機関の窓口に提出して受診すると、その場で助成を受けられます。

  • 県外の医療機関を受診する場合

健康保険証を提示し、医療機関より請求された医療費をお支払いください。マル福受給者証は使用できません。助成を受けるためには、後日、市町村担当課への申請が必要になります。申請が受理されると、自己負担金を差し引いた額が返金されます。 

注意

  • 健康保険が適応されない健康診断、予防接種、妊産婦健診、薬の容器代、文書料、差額ベッド代等は助成されません。
  • 医療に関する給付は、医療保険に加入し、所得が一定以下という所得制限があります。
  • 市町村によっては、「所得制限なし」「マル福自己負担金の助成」「対象年齢拡大」など、独自に制度を拡充している事例もありますので、詳しくは、お住いの市町村へお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?