ホーム > 運転免許 > 各種講習等 > 高齢者講習等

更新日:2022年6月30日

ここから本文です。

高齢者講習等

運転免許を更新するまでの流れ

※1 運転技能検査の対象の方並びに原付、二輪、小特又は大特のみ(重複可)だけの免許をお持ちの方は、実車指導なしの1時間講習(運転適性検査(30分)、講義(座学)(30分))となります。
※2 認知症に関する医師の診断書その他の書類を提出することで認知機能検査に代えることができます。
※3 合格しないと更新できませんが、不合格であっても普通車を運転できる免許を返納して原付等にする場合は更新ができます。

更新時の誕生日が令和4年10月11日以前の方

  • 認知機能検査を受検した後に高齢者講習を受講してください。
    (認知機能検査、次に高齢者講習と受ける順番が決まっています。)
  • 令和4年5月12日以前に認知機能検査を受検し、75点以下で3時間講習となった方が令和4年5月13日以降に高齢者講習を受講する場合、2時間講習(原付、二輪、小特、大特のみの方は1時間講習)を受講することになります。

更新時の誕生日が令和4年10月12日以降の方

  • 認知機能検査・高齢者講習・運転技能検査(該当者のみ)を順序を問わず受けられます。
  • 認知症の疑いがないと認められるかどうかに関する医師の意見及び当該意見に係る検査の結果が記載された診断書その他の書類を提出した場合には、認知機能検査の受検義務が免除されます。

高齢者講習等

高齢者講習は、運転免許証の更新期間の満了する日における年齢が70歳以上で、運転免許証の更新をする方が対象になります。

更新手続の前に

1 高齢者講習

2 特定任意高齢者講習

3 運転免許取得者等教育

のいずれかを受講していなければ運転免許証の更新はできません。

1と2の講習は運転免許センターで、3の教育は自動車教習所で行っております。

1から3は、更新期間満了日の6か月前から受けられます。

高齢者講習のお知らせ(はがき)が届きましたら、今すぐ御希望の教習所で予約をしてください。

なお、特定任意高齢者講習は、本県以外で受講される方が対象です。

受講を希望される方は、各都道府県の運転免許センターにお問い合わせください。

高齢者講習実施教習所の予約状況について

高齢者講習実施教習所・予約状況一覧(PDF:80KB)

なお、75歳以上の方は、高齢者講習、特定任意高齢者講習、運転免許取得者等教育のいずれかのほかに、認知機能検査を受けなければなりません。

高齢者講習等(70歳から74歳までの方の免許証更新)の種類など

講習の名称 講習内容 実施場所
高齢者講習 70歳以上の方が更新手続の前に受ける一般的な講習です。
試験ではないので、終了後に高齢者講習終了証明書が交付されます。
運転免許センター
特定任意高齢者講習 県内居住者以外でも受講できる講習です。
県内教習所では受講できません。
(内容は高齢者講習と同じですので、県内居住者は高齢者講習を受けてください。)
県内居住の方が他都道府県でこの講習を受講したい場合は、受講先の都道府県の免許センター等にお問い合わせください。
運転免許センター
運転免許取得者等教育 運転技術の向上等を目的にした講習で、この講習を受講すると高齢者講習が免除されます。
手数料は各教習所独自に設定しています。
教習所

高齢者講習と運転免許取得者等教育は同等の扱いとなります。

高齢者講習等の所要時間・内容と手数料

講習の名称

講習の所要時間

内容

手数料

講習場所

高齢者講習

(普通自動車対応免許所持者)

2時間

  • 座学・運転適性検査(60分)
  • 実車(60分)

6,450円

運転免許センター

高齢者講習
(原付、二輪、小特、大特のみの方)

1時間

  • 座学・運転適性検査(60分)

2,900円

運転免許センター

特定任意高齢者講習

(普通自動車対応免許所持者)

2時間

  • 座学・運転適性検査(60分)
  • 実車(60分)

6,450円

運転免許センター

特定任意高齢者講習

(原付、二輪、小特、大特のみの方)

1時間

  • 座学・運転適性検査(60分)

2,900円

運転免許センター

運転免許取得者等教育

2時間以上

  • 座学・運転適性検査(60分以上)
  • 実車(60分以上)

教習所ごとに異なります。

受講する教習所に御確認ください。

教習所

高齢者講習等(75歳以上の方の免許証更新)の種類など

講習の名称 講習内容 実施場所
高齢者講習 70歳以上の方が更新手続の前に受ける一般的な講習です。
試験ではないので、終了後に高齢者講習終了証明書が交付されます。
運転免許センター
特定任意高齢者講習 県内居住者以外でも受講できる講習です。
県内教習所では受講できません。
(内容は高齢者講習と同じですので、県内居住者は高齢者講習を受けてください。)
県内居住の方が他都道府県でこの講習を受講したい場合は、受講先の都道府県の免許センター等にお問い合わせください。
運転免許センター
運転免許取得者等教育 運転技術の向上等を目的にした講習で、この講習を受講すると高齢者講習が免除されます。
手数料は各教習所独自に設定しています。
教習所

高齢者講習等の所要時間・内容と手数料

講習の名称

講習の所要時間

内容

手数料

講習場所

高齢者講習

(普通自動車対応免許所持者)

2時間

  • 座学・運転適性検査(60分)
  • 実車(60分)

6,450円

運転免許センター

高齢者講習
(原付、二輪、小特、大特のみの方)

1時間

  • 座学・運転適性検査(60分)

2,900円

運転免許センター

特定任意高齢者講習

(普通自動車対応免許所持者)

2時間

  • 座学・運転適性検査(60分)
  • 実車(60分)

6,450円

運転免許センター

特定任意高齢者講習

(原付、二輪、小特、大特のみの方)

1時間

  • 座学・運転適性検査(60分)

2,900円

運転免許センター

運転免許取得者等教育

2時間以上

  • 座学・運転適性検査(60分以上)
  • 実車(60分以上)

教習所ごとに異なります。

受講する教習所に御確認ください。

教習所

運転免許センターで各検査、講習を受検・受講した方は以下の証明書等が交付されます

  • 高齢者講習は、高齢者講習終了証明書が交付されます。
  • 認知機能検査は、認知機能検査結果通知書が交付されます。
  • 運転技能検査は、運転技能検査受検結果証明書が交付されます。

各自動車教習所で各検査、講習を受検・受講した方は以下の証明書等が交付されます

  • 運転免許取得者等教育は、運転免許取得者等教育(高齢者講習同等)終了証明書が交付されます。
  • 認知機能検査は、認定認知機能検査結果通知書が交付されます。
  • 運転技能検査は、認定運転技能検査受検結果証明書が交付されます。

通知書、証明書は更新の際に必要です。
上記の講習手数料のほかに、更新時に更新手数料2,500円が必要です。

関連情報

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:交通部運転免許センター高齢者講習係

連絡先:029-293-8811

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。