ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 育種研究 > 生物工学研究所の概要

ここから本文です。

更新日:2017年10月16日

生物工学研究所の概要

茨城の農業は、恵まれた自然と有利な立地条件により発展してきました。しかし、近年は国内外の産地間競争の激化にともない、消費者ニーズに合った付加価値の高い農産物の生産(ブランド化)が求められています。

茨城県農業総合センター生物工学研究所では、このような状況に対応し地域の農業を活性化させるために、新しい育種技術を開発・活用し、ブランド価値の高い「新品種の育成」を行うことで茨城の農業の発展に貢献していきます。

研究の流れ

flow2 

研究体制

所長  研究調整監(1名)  ・普通作育種研究室(6名)

                ・野菜育種研究室(7名)

                ・果樹・花き育種研究室(5名)

所在地

319-0290 茨城県笠間市安居3165-1

311-4203 茨城県水戸市上国井町3402 (農業研究所駐在)

施設概要

生物工学研究所

 ・本館:2642平方メートル

 ・温室:1795平方メートル

 ・水田:35アール

 ・畑:240アール 

農業研究所駐在(普通作育種研究室)

 ・温室:912平方メートル

 ・水田:160アール

 ・畑:187アール 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター生物工学研究所 

茨城県笠間市安居3165-1

電話番号:0299-45-8330

FAX番号:0299-45-8351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?