ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 育種研究 > 生物工学研究所の概要

ここから本文です。

更新日:2022年2月8日

生物工学研究所の概要

 茨城の農業は、恵まれた自然と有利な立地条件により発展してきました。しかし、近年は国内外の産地間競争の激化にともない、消費者ニーズに合った付加価値の高い農産物の生産(ブランド化)が求められています。

 2018年に策定された茨城県総合計画(2018~2021)では、農業分野の重点施策として「儲かる農業の実現」を掲げ、チャレンジ指標を「10年後の販売農家一戸あたりの生産農業所得3倍増(2016年対比)」として、量から質、売上よりも利益へ、農業政策の転換を進めております。

 茨城県農業総合センター生物工学研究所では、品質や収量性など付加価値の高い品種や、耐病性に優れ生産コスト削減に寄与できる品種、気候変動に対応する高温耐性品種の育成を進めております。今後は育種ビッグデータの活用、高速世代促進など、バイテク技術の選択と集中によりスマート育種を推進し、儲かる農業を下支えする品種の育成を進めていきます。

研究の流れ

flow2 

研究体制

所長  研究調整監(1名)  ・普通作育種研究室(6名)

                ・野菜育種研究室(8名)

                ・果樹・花き育種研究室(4名)

研究推進体系

 令和3年度試験課題一覧

生物工学研究所の育成品種

 これまでの育成品種の紹介はこちら

所在地

319-0292 茨城県笠間市安居3165-1

311-4203 茨城県水戸市上国井町3402 (農業研究所駐在)

施設概要

生物工学研究所

 ・本館:2642平方メートル

 ・温室:1795平方メートル

 ・水田:35アール

 ・畑:240アール 

農業研究所駐在(普通作育種研究室)

 ・温室:912平方メートル

 ・水田:160アール

 ・畑:187アール 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター生物工学研究所 

茨城県笠間市安居3165-1

電話番号:0299-45-8330

FAX番号:0299-45-8351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?