ホーム > 茨城を創る > 農林水産業 > 育種研究 > 発表論文 (普通作育種研究室)

ここから本文です。

更新日:2022年1月26日

発表論文 (普通作育種研究室)

研究の成果として、学会誌等に公表された原著論文を掲載しています。

著者名 題名 掲載誌 ページ
岡本和之、深沢芳隆、川又快、秋田和則、古山憲秀、早坂賢将、関根さゆ里、岡野克紀、山内歌子、安藤露、水林達実、米丸淳一、田中淳一(2021) イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子を付与した ’ふくまる’ の同質遺伝子系統 'ふくまるSL' の育成と奨励品種採用 茨城農総セ研報 3 1-14
岡本和之、川又快、青木法明、田中淳一、梅本貴之(2020) 酒造好適米品種・系統から見出した低温糊化性酒米素材「秋田酒44号」の特性およびその原因遺伝子の特定 育種学研究 22 139-148
Sasaki T., Kawamata K., Okamoto K.(2017) Physicochemical proparties of waxy rice cultivars with different hardening rates. Cereal Chem. 94 699-704
岡本和之、西宮智美、平山正賢、眞部徹、飯田幸彦、桐原俊明、横田国夫、小菅一真、田畑美奈子、平澤秀雄(2016) 水稲新品種「ふくまる」の育成 茨城農総セ
生工研報
15 33-40
岡本和之、西宮智美、桐原俊明、飯田幸彦、平山正賢、横田国夫、小菅一真、眞部徹、田畑美奈子、須賀立夫、平澤秀雄(2015) 水稲新品種「一番星」の育成 茨城農総セ
生工研報
14 1-8
Okamoto K,, Aoki N., Fujii H.,
Yanagihara T., Nishi A., Satoh H., Umemoto T. (2013)
Characterization and Utilization of Spontaneous Deficiency in Starch Branching Enzyme I of Rice (Oryza sativa L.) J. Appl. Glycosci. 60 53-60
Sasaki T., Hayakawa F., Suzuki Y., Suzuki K., Okamoto K., and
 Kohyama K. (2013)
Characterization of Waxy Rice Cakes (Mochi) with Rapid Hardening Quality by Instrumental and Sensory Methods. Cereal Chem. 90 101-106
田畑美奈子 (2013) 水稲の登熟期の高温条件下における背白米および基白米の発生に関する遺伝解析 茨城農総セ
生工研報
13 5-45

岡野克紀、宮本勝、横田国夫、飯田幸彦、池田千亜紀、平澤秀雄 (2011)

サツマイモウイルスフリー系統「ベニアズマフリー系114」の育成 茨城農総セ
生工研報
12 1-5
岡野克紀、宮本勝、池羽智子、池田千亜紀、平澤秀雄 (2011) 納豆加工に適した在来品種「黒大豆小粒」の特性 茨城農総セ
生工研報
12 7-10
Onda R., Watanabe S., Sayama T., Komatsu K., Okano K., Ishimoto M.,
Harada K. (2011)
Genetic and molecular analysis of fasciation mutation in
Japanese soybeans.
Breeding Sci. 61 26-34
Yamada T., Hajika M., Yamada N., Hirata K., Okabe A., Oki N., Takahashi K., Seki K., Okano K., Fujita Y., Kaga A., Shimizu T., Sayama T.,
Ishimoto M. (2011)
Effects on flowering and seed
yield of dominant alleles at
 maturity loci E2 and E3 in a
Japanese cultivar, Enrei.
Breeding Sci. 61 653-660
Okamoto K., H.Hirasawa,
T.Umemoto (2009)
Screening and characterization
of cultivar with M-type
amylopectin in Japanese upland
 rice.
Breeding Sci. 59 179-186
Sasaki T., K.Kohyama, Y.Suzuki, K.Okamoto, T.R.Noel, S.G.Ring (2009) Physicochemical characteristics
 of waxy rice starch influencing
 the in vitro digestibility of a
starch gel.
Food Chemistry  116 137-142
宮本勝、横田国夫、飯田幸彦、岡野克紀、平澤秀雄 (2009) サツマイモウイルスフリー新系統
「べにまさりフリー系122」,
「べにまさりフリー系128」、「ベニアズマフリー系88」の育成
茨城農総セ
生工研報
11 1-18
平山正賢、根本博、平澤秀雄 (2007) 圃場栽培した中生・晩生熟期日本
陸稲品種の根系発達程度と耐干性
の関係
日作紀 76 245-252
Y. Takeuchi, Y. Nonoue, T.  Ebitani, K. Suzuki, N. Aoki, H. Sato, O. Ideta, H. irabayashi, M. Hirayama, H. Ohta, H. Nemoto, H. Kato, I. Ando, K. Ohtsubo,
M. Yano and T. Imbe (2007)
QTL Detection for Eating
 Quality Including Glossiness,
Stickiness Taste and Hardness
of Cooked Rice.
Breeding Sci. 57 231-242
石井卓朗 (2008) 陸稲指定試験地のあゆみ 茨城農総セ
生工研報
10 53-78
岡本和之 (2008) 陸稲系統「関東糯172号」の高速
餅硬化性に関する研究
茨城農総セ
生工研報
10 1-43
H. Sato, Y. Takeuchi, H. Hirabayashi, H. Nemoto, M. Hirayama, H. Kato, T. Imbe and I. Ando (2006)  Mapping QTLs for Field
Resistance to Rice Blast in the
 Japanese Upland Rice Variety
 Norin 12.
Breeding Sci. 56 415-418
Ikeda,H. kamoshita,A.  Manabe,T. (2006) Genetic analysis of rooting
ability of transplanted rice
(Olyza sativa L.) under different
 water condition.
J. of
Experimental
Botany
Drought
Stress
Special
Issue
1-10
Hirayama,M. Wada,Y.
Nemoto,H. (2006)
Estimation of drought tolerance
 based on leaf temperature in
upland rice breeding.
Breeding Sci. 56 47-54
Ishii,T. and K. Yonezawa (2006) Optimazing the procedure of
multi-stage yield selection for
selecting the best from a
popuration of candidate entries.
Breeding Sci. 56 7-15

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター生物工学研究所 

茨城県笠間市安居3165-1

電話番号:0299-45-8330

FAX番号:0299-45-8351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?