ホーム > 茨城で暮らす > 環境・自然 > 自然・生物関連 > 自然 > 野生鳥獣への安易な餌付けは絶対にやめましょう

ここから本文です。

更新日:2021年2月16日

野生鳥獣への安易な餌付けは絶対にやめましょう

野生鳥獣は、本来、厳しい自然の中で自ら餌をとって生きており、人間のペットではありません。
人為的な影響を極力減らし、自然のままにそっと見守ることが正しい野生鳥獣との共生です。
安易な餌付けは、人と野生鳥獣の距離を近づけることで、事故等の発生や感染症の発生・感染拡大を招くほか、次のような理由などにより生態系に悪影響を与える恐れがあります。

  • 人が与える餌に依存するようになり、自ら餌をとることができなくなってしまう
  • 人が与える餌は、自然の中でとる餌と異なり、化学合成された食品添加物が含まれていたり、塩分、糖分、油分が過剰に含まれていたりすることで、病気等にかかってしまう
  • 餌付けによる安定した栄養供給は、生存率を上昇させ特定の種のみが増加してしまう
  • 餌付けに依存した渡り鳥は、渡りの時期を遅らせたり、移動のルートが変化してしまう

また、安易な餌付けは生態系への悪影響だけでなく、農作物等の被害や人身被害等をもたらすばかりでなく、被害防止を目的とした鳥獣の駆除を増やしてしまうおそれがあります。
特に、農作物残渣の放置や生ごみの放置など意図しない餌付けにもご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部環境政策課自然・鳥獣保護

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?