ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬事情報 > 化学物質過敏症をご存知ですか?

ここから本文です。

更新日:2019年2月25日

化学物質過敏症をご存知ですか?

化学物質過敏症とは?

 「快適で健康的な住宅に関する検討会議」報告書(平成11年1月)、厚生科学研究「化学物質過敏症に関する研究(主任研究者石川哲)」(平成8年度)によれば、化学物質過敏症について次のように示されています。

 

「最初にある程度の量の化学物質に暴露されるか、あるいは低濃度の化学物質に長期間反復暴露されて、一旦過敏状態になると、その後極めて微量の同系統の化学物質に対しても過敏症状を来す者があり、化学物質過敏症と呼ばれている。化学物質との因果関係や発生機序については未解明な部分が多く、今後の研究の進展が期待される。」

 

 このように、化学物質過敏症については、その病態や発生機序について未解明な部分が多く、中毒やアレルギー、シックハウス症候群などとの区別もあいまいなものとなっています。

 原因となる化学物質も人によって様々で、私たちの身の回りで使われている家庭用品や化粧品などに含まれるさまざまな種類の微量な化学物質症状に反応する人もおり、引き起こされる症状も目のかすみや頭痛・吐き気など多岐にわたります。

化学物質過敏症対策連絡会議

 茨城県では、化学物質過敏症に関して県の関係部局との情報交換をはかるため、「化学物質過敏症連絡会議」を設置しております。

化学物質過敏症対策(主にシックハウス)の担当課一覧(PDF:18KB)

(参考)

「室内空気質健康影響研究会報告書~シックハウス症候群に関する医学的知見の整理~」(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部薬務課麻薬

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3388

FAX番号:029-301-3399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?