ここから本文です。

更新日:2022年6月18日

自宅療養中の方向けの情報

ご自宅で療養されるご本人・ご家族の方へ

型コロナウイルス感染症によりご自宅で療養される皆様には、療養生活にご不安を抱えていることと思います。

自宅で療養される皆様、家族の方々におかれましては、以下の療養中の注意点をよくお読みいただき、皆様のご協力をお願いいたします。

お、本県が実施する健康観察は、水戸市を除く市町村にお住まいの方を対象としており、水戸市にお住まいの方は水戸市保健所が健康観察を実施いたします。

自宅療養中の健康観察について

自宅で療養されるみなさまの毎日の健康観察は、県庁健康観察チームが行います。

庁健康観察チームでは、HER-SYS(ハーシス)を活用して健康観察を行っており、必要な方には、お電話で体調や療養状況などの健康確認を行っておりますので、ご協力をお願いします。

お、体調悪化時などは必ず保健所または健康観察チームにお電話にてご連絡ください。

HER-SYSを活用した健康観察(MY-HER-SYS、自動架電)について

HER-SYSとは、保健所や医療機関等の関係者間における情報共有・把握の迅速化を図るために開発された「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム」です。

のシステムを活用することで、スマートフォン等を利用して、自宅療養中の方の毎日の健康状態を簡単に報告することができます。

県では、HER-SYSを活用した健康観察として、「MY-HER-SYS(マイハーシス)」と「自動架電」の2つのシステムを導入しています。

宅療養の方には、状況に応じてどちらかのシステムを選択していただき、毎日の健康状態を報告していただきます。

HER-SYSを活用した健康観察の概要(PDF:1,393KB)

MY-HER-SYSとは

自身のスマートフォンから、指定のURLにアクセスし、健康状態を入力していただきます。

作方法等の詳細については、下記リーフレットをご参照ください。

MY-HER-SYSご利用ガイド(個人で利用する場合)(PDF:1,190KB)

MY-HER-SYSご利用ガイド(家族で利用する場合)(PDF:1,087KB)

自動架電とは

録した電話番号(携帯電話または固定電話)に毎日自動的に電話がかかりますので、音声案内に従い、プッシュホンで健康状態を入力していただきます。

作方法等の詳細については、下記リーフレットをご参照ください。

自動架電ご利用ガイド(PDF:297KB)

HER-SYSを活用した健康観察の留意点

力いただいた情報をHER-SYSのシステム上で確認し、(1)2歳未満もしくは50歳以上の方、(2)重症化リスク因子がある方については、未入力の場合や入力いただいた健康状態に応じて、県庁健康観察チーム等が個別に電話連絡させていただくことがあります。

記以外の方については、原則、健康観察チーム等からの電話はいたしませんので、ご相談がある場合は、保健所または健康観察チームへご連絡をお願いします。

調悪化時などは、県庁健康観察チームまたは保健所に電話でご連絡ください。

【MY-HER-SYSや自動架電の使い方に関する問い合わせ窓口(一般の方向け)】

生労働省新型コロナウイルス対策推進本部保健班

話番号:03-6812-7818

付時間:9時30分~18時15分(土日祝日を除く)

療養解除の目安について

療養解除の目安は、以下になります。

  1. 発症日から10日間が経過していること(無症状患者は検体採取日から7日間)
  2. 解熱剤を使用せずに解熱し、かつ、呼吸器症状が軽快していること
  3. 症状が軽快してから、72時間以上経過していること

養解除は、上記の3つすべてを満たした場合に療養解除になります。(無症状患者は1のみ)

た、無症状患者は「検体採取日から7日間経過した時点で療養期間が終了」となりますが、療養期間中に症状が出た場合,その日から10日間経過することが必要になり、症状に大きな変化がある際は,必要に応じて療養期間を延長する場合があります。

自宅療養者に対する健康フォローアップ体制の整備

内の健康フォローアップ協力医療機関にご協力いただき、ご自宅で療養されている皆様の病状に応じて、医師による診療ができる体制を敷いております。

た、県内の薬局にご協力いただき、診療で処方を受けた薬剤(新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬を除く)を、薬局等がご自宅に配送する体制を敷いております。

局リスト(外部サイトへリンク)

調悪化時などは、県庁健康観察チームまたは保健所に電話でご連絡ください。

自宅療養に関係するその他の情報

パルスオキシメーターの貸出について

在、新型コロナウイルス感染症によりご自宅で療養される方(50歳未満の方は希望者)にパルスオキシメーターの貸出を行っております。貸出を希望される方は、管轄保健所又は県庁健康観察チームにご連絡ください。

お、パルスオキシメーターは台数に限りがありますので、療養が終了しましたら、2~3日体調の経過をみてから4日目以降に必ずご返却下さいますようお願いします。

自宅療養者向けの配食サービスについて

宅療養中の方で、以下の条件に該当する方は、配食サービスを利用することができますので、下記のリンク(いばらき電子申請・届出サービス)より申請してください。

茨城県新型コロナウイルス感染症自宅療養者支援サービス申し込みフォーム(外部サイトへリンク)

ご利用条件>

  • 近隣に親族・知人等がおらず、食料品等の調達(買い出し)等の支援を受けることができない方
  • インターネット等を利用し、宅配やキャッシュレス決済などの方法により、外出せずに食料品等を確保することができない方

配食サービスについて(PDF:596KB)

た、電子申請が行えない方については、「茨城県新型コロナウイルス感染症自宅療養者支援サービス電話相談窓口」(029-301-4269)までお電話にてお問い合わせください。

電話受付時間:月曜日から金曜日、午前9時から午後5時まで

各市町村における自宅療養者向けの支援について

下に記載の市町村において、自宅療養者向けの支援を実施しております。

援を希望する方は、以下のリンク先から支援内容を確認し、各市町村へお問い合わせ願います。なお、リンクのない市町村においても実施している場合がありますので、各市町村へお問い合わせください。

県北地域 県央地域 県西地域 県南地域 鹿行地域
日立市(外部サイトへリンク) 水戸市 古河市(外部サイトへリンク) 土浦市(外部サイトへリンク) 鹿嶋市
常陸太田市 笠間市(外部サイトへリンク) 結城市 石岡市(外部サイトへリンク) 潮来市
高萩市(外部サイトへリンク) ひたちなか市 下妻市(外部サイトへリンク) 龍ケ崎市(外部サイトへリンク) 神栖市(外部サイトへリンク)
北茨城市 小美玉市(外部サイトへリンク) 常総市 取手市(外部サイトへリンク) 行方市(外部サイトへリンク)
常陸大宮市(外部サイトへリンク) 茨城町 筑西市 牛久市(外部サイトへリンク) 鉾田市
那珂市(外部サイトへリンク) 大洗町(外部サイトへリンク) 坂東市 つくば市  
大子町(外部サイトへリンク) 城里町(外部サイトへリンク) 桜川市 守谷市  
  東海村 八千代町 稲敷市(外部サイトへリンク)  
    五霞町(外部サイトへリンク) かすみがうら市(外部サイトへリンク)  
    境町(外部サイトへリンク) つくばみらい市  
      美浦村(外部サイトへリンク)  
      阿見町(外部サイトへリンク)  
      河内町(外部サイトへリンク)  
      利根町(外部サイトへリンク)  

医療相談アプリについて

療相談アプリをダウンロードいただきますと、チャットによる医師への医療相談等のサービスを利用することができます。

庁健康観察チームからお電話を差し上げた際に、本アプリの概要や、サービス利用に必要な企業コードをお伝えいたしますので、ご活用ください。

<利用できるサービス>サービスは、自宅療養期間中に利用可能です。

  • チャット機能による医師への医療相談(24時間対応)

<医療相談アプリのダウンロードについて>

療相談アプリは、下記URLよりダウンロード可能です。
プリのダウンロード方法や使い方について、ご不明な点がございましたら下記窓口までお問合せください。


【株式会社リーバーお問い合わせ窓口】

話:029-896-6263(平日10時00分〜18時00分)

ール:info@leber.jp

子ども(10歳以下)の自宅療養を安心して過ごすために

型コロナウイルス感染症と診断されたお子様の保護者の方向けにパンフレットを作成したのでご活用ください。

子ども(10歳以下)の自宅療養を安心して過ごすために(PDF:155KB)

 

自宅療養中に災害が発生した場合の対応

宅療養中に台風の接近等が想定される場合には、以下のとおりご対応ください。

  1. 以下のサイト等で、ご自宅がハザード区域に該当するかチェックしてください。
    重ねるハザードマップ(外部サイトへリンク)
  2. 避難を希望する場合、避難前、もしくは避難所以外の安全な場所へ避難後、次のところへご連絡ください。陽性となった方の避難場所(宿泊療養施設等)及び避難方法をご案内させていただきます。
  • 日中8時30分~22時00分
    感染症対策課(029-301-3219)
  • 夜間22時00分~8時30分
    間の急変時のご連絡先(自宅療養の方にショートメッセージでお伝えしている番号です)

風等が接近し、風雨が強くなってからの避難は大変危険です。

た、状況によっては、県としても避難方法の手配ができない場合がございますので、避難する場合には早めにご検討ください。

難をしない場合にも、自宅の2階以上へ屋内退避する等、ご自宅の中で安全な場所に移動してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?