ホーム > 茨城県の各部局の業務案内 > 保健福祉部 > 本庁 > 感染症対策課 > 「ワクチン・検査パッケージ制度」等に必要な新型コロナウイルスの無料検査が始まります!

ここから本文です。

「ワクチン・検査パッケージ制度」等に必要な新型コロナウイルスの無料検査が始まります!

 

 茨城県では、新型コロナウイルス感染症対策と日常生活、経済社会活動の両立を図るため、健康上の理由等によりワクチン接種を受けられない方などを対象に、無料で検査を受けることができる体制を整備いたします。

 この検査は、「ワクチン・検査パッケージ制度」や「民間事業者等による自主的な取組」において、陰性の検査結果が必要な場合に限り、無料で受けることができます。

 「ワクチン・検査パッケージ制度」等の概要や、検査を無料で受けられる方などについては、下記のとおりです。

 

1 ワクチン・検査パッケージ制度とは

〇 感染拡大時に行動制限が課されている場合に適用されます。

・飲食店やイベント主催者等の事業者が、入店者や入場者等のワクチン接種歴、又は検査結果の陰性のいずれかを確認することにより、「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」等において課される行動制限を緩和する制度です。

・行動制限とは、例えば、飲食店での会食は「同一グループは同じテーブルで4人まで」のような制限となります。ワクチン・検査パッケージ制度の適用を受けることで、5人以上での会食も可能となります。

 

2 民間事業者等による自主的な取組とは

・感染状況が比較的落ち着いており、行動制限が課されていない場合でも、自主的な取組は行うことができます。

・行動制限の有無にかかわらず、飲食、イベント、帰省、旅行等の活動に際して、ワクチン接種歴、又は検査結果の陰性のいずれかを確認する民間の自主的な取組となります。

・自主的な取組とは、例えば、新型コロナウイルスの感染リスクを下げるため、イベント主催者が来場者に対し、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果の提示を求める取組や、高齢者施設等が面会を行う方に対し、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果の提示を求める取組などが想定されます。

・県内外を問わず、帰省のために親族等から求めがあって検査を受ける場合も、無料で検査を受けることができます。


【無料で検査を受けられる例】

・緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置が発令されている地域において、飲食店におけるワクチン・検査パッケージ制度(行動制限の緩和)の適用を受けたい場合

・高齢者施設等で面会を行う際に、ワクチン接種歴又は陰性の検査結果の提示を求められているため、陰性確認を受けたい場合

・帰省の前に、陰性確認を受けたい場合

 

3 無料で検査を受けられる方

・次の1~3の全てを満たす方となります。

  1. 基礎疾患、副反応の懸念など健康上の理由によりワクチン接種(2回)を受けられない方、又は12歳未満の子ども(いずれかに該当する方) 
  2. 新型コロナウイルス感染症の症状(発熱、咳、鼻水など)が出ていない無症状の方
  3. 「ワクチン・検査パッケージ制度」や「民間事業者等による自主的な取組」において、陰性の検査結果が必要な方

※ 未就学児(概ね6歳未満)については、親等が同伴する場合、行動制限を緩和するうえで、陰性確認は不要となりますが、受検自体を妨げるものではありません。

 

【留意事項】

・上記1~3に該当しない方が検査を受ける場合は、有料となります。

・有料での検査を実施していない検査場所もありますので、事前に必ずご確認ください。

 

【料金確認フロー図】

無料化フロー図

 

 

4 無料で検査を受けられる期間

・令和3年12月27日(月曜日) ~ 令和4年3月31日(木曜日)まで

 

5 検査を受けられる場所

・現在、県内の薬局を中心に検査場所の準備を進めており、順次、検査の受付を開始していきます。

・最新の情報は、ワクチン・検査パッケージ等に係る検査無料化事業茨城県事務局(茨城県薬剤師会内)(外部サイトへリンク)のホームページで公表いたしますので、ご確認ください。

 

6 検査の流れ(主に薬局を想定)

(1)薬局などの検査場所で「検査申込書」の記入・提出

・原則、予約不要ですが、受付時間や検査方法なども含め、詳細は検査実施事業者へ個別にお問い合わせください。

・本人確認を行いますので、運転免許証や学生証、健康保険証など「身分証明書」をお持ちください。

 

(2)薬局などの検査場所で検査の実施、検査結果通知書の受領

 <PCR検査等の場合>

 ・検査管理者等の立会いの下、受検者自ら検体(唾液)を採取していただきます。

 ・検査結果が判明次第(2日程度)、検査結果通知書が発行されます。

 ・検査結果の有効期限:検体採取日+3日

 

<抗原定性検査キットを用いた検査の場合>  

 ・検査管理者等の立会いの下、受検者自ら検体(鼻腔ぬぐい液)を採取していただきます。

 ・検査結果が判明次第(30分程度)、検査結果通知書が発行されます。

 ・検査結果の有効期限:検査日+1日

 

【留意事項】

検査結果が陽性であった場合、必ず、かかりつけ医などの医療機関を受診してください。

受診の前に必ず連絡を入れ、移動の際は、周囲に感染させないようマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けてください。)

・受診先に迷ったら、お近くの発熱患者に対応可能な「診療・検査医療機関」にお問い合わせいただくか、「受診・相談センター」までご相談してください。

○ 診療・検査医療機関の一覧https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/yobo/kiki/shinryokensa.html

○ 受診・相談センター電話番号:029-301-3200

 

・検査結果が陰性であった場合も感染している可能性を否定しているものではないため、検査を受けられた方は、引き続き感染予防策を徹底するようお願いいたします。

 

7 よくあるお問合せ(FAQ)

 よくあるお問合せについては、こちら(別紙)(PDF:333KB)をご確認ください。

   

8 その他

<感染拡大傾向時の無料検査>

・感染拡大の傾向が見られる時には、上記の方以外にも無料で検査を受けることができる場合がありますが、その際には、詳細は別途お知らせいたします。

 

<検査実施事業者の募集>

・茨城県では、上記の検査を実施していただく「検査実施事業者」を募集しております。

・応募方法など詳細はワクチン・検査パッケージ等に係る検査無料化事業茨城県事務局(茨城県薬剤師会内)のホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

 

<関連リンク・通知等>

・国民の仕事や生活の安定・安心を支える日常生活の回復(内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室)(外部サイトへリンク)

 

9 検査に関する問合せ先

 ワクチン・検査パッケージ等に係る検査無料化事業茨城県事務局(茨城県薬剤師会内)

・住 所:茨城県水戸市笠原町978番47

・電 話:029-306-8934

・ホームページ:http://www.ipa.or.jp/index.htm