ここから本文です。

更新日:2015年12月31日

平成27年細菌性赤痢発生状況

細菌性赤痢の年次発生届出状況

平成21年

平成22年

平成23年

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

本県

4

5

5

5

3

1

6

平成26年の全国の届出数は158人である。
※平成27年の全国細菌性赤痢発生届出数(12月31日現在)は,156人である。

細菌性赤痢の特徴

潜伏期間:1~5日間(通常3日以内)
主な症状:血便,下痢腹痛しぶり発熱(1~2日)
感染経路:経口感染(水や食べ物を通じて「口」からする),接触感染

渡航先での予防策

生水,氷入りジュース,水割り等の飲料に注意する。
生野菜,生の魚介類,カットフルーツ,アイスクリーム等の飲食に注意する。
調理後時間の経った食物は食べない。
手洗いの励行や体調管理に気をつける。

2015年(平成27年)細菌性赤痢の発生状況一覧

No 所在地 性別 年齢 発症日 診断日 菌類
1 県南地域 60歳代 - 2月27日 ソンネ菌(D群)
2 県西地域 10歳未満 7月10日 7月15日 フレキシネル菌(B群)
3 県南地域 10歳代 8月17日 9月3日 ソンネ菌(D群)
4 県央地域 30歳代 10月4日 10月8日 ソンネ菌(D群)
5 県央地域 70歳代 10月7日 10月10日 ソンネ菌(D群)
6 県央地域 70歳代 - 10月14日 ソンネ菌(D群)

過去の情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健医療部衛生研究所企画情報部

茨城県水戸市笠原町993-2

電話番号:029-241-6652

FAX番号:029-243-9550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?