ここから本文です。

更新日:2018年3月2日

1.茨城の自然

本県は、広大な関東平野の一部をなし、霞ヶ浦、北浦等の湖沼と利根川等に代表される豊かな水を持ち、筑波山、八溝山等の緑の山野に恵まれ、加えて約170キロメートルにおよぶ長い海岸線を有しています。
しかも本県は、地理的にみて暖帯性植物にとっては北限となり、温帯性植物にとっては南限となるものが多く、豊かで特徴のある良好な自然環境を形成しています。
本県の自然環境を、自然指標をもって全国に比較してみると、緑地割合は県民1人あたり、2,239平方メートルであるのに対し全国平均は2,648平方メートルで若干下回りますが、自然公園面積は県土の14.5%を占め、全国平均の14.0%を上回っている現状となっています。
このほか、本県における自然の特徴のあるものとしては、植生については、県北地域の山地に温帯林相の発達がみられ、県南の平野部には暖帯林がみられます。また海岸線には、南限、北限の植物が多いのが目立っています。
動物相についても、生息の北限となり、また繁殖の南限となるものが多くみられます。
本県の自然は、このような特徴をもっていますが、この貴重で豊かな自然の資産も、近年の経済、社会の急速な発達と、各種開発、都市化の進行により損壊されるるある地域が見受けられます。特に県南西地域については、本県の特徴の1つである平地林が開発により失なわれ、自然環境に悪影響が現われております。
このような本県の現状に立脚し今後ますます自然環境の保全、自然保護に対する意識の向上が求められています。
国では、すぐれた自然の風景地を保護し、その利用を図ることを目的として、昭和32年に自然公園法を制定しましたが、県内には、1ヵ所の国定公園が指定されました。県ではこれ以外に9ヵ所の県立自然公園を指定し、そのいずれもがすぐれた自然の景観を残し守られて来ております。首都圏に位置する関係から年々利用客の増加も見込まれる等、県内はもとより隣接都県民にも保健、休養の場を提供しています。

目次     次のページ

このページに関するお問い合わせ

県民生活環境部自然環境課自然・鳥獣保護管理

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2946

FAX番号:029-301-2948

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?