ここから本文です。

更新日:2020年11月7日

原子力広報いばらき

 現在、東海第二発電所では、福島第一原子力発電所の事故の教訓を踏まえて強化された国(原子力規制委員会)の新しい規制基準に基づく安全対策工事(完了予定は2022年12月)が進められています。

 県では、県民の皆様の安全安心の確保の観点から、スケジュールありきではなく、安全性の検証を行うとともに、国や市町村などと実効性ある避難計画の策定に取り組んでいます。

 今後、これらの検討の状況について、「原子力広報いばらき」で、随時お知らせしてまいります。

 「全県版」と「PAZ・UPZ版」の二種類の広報紙を発行しています

 「原子力広報いばらき」は、県内全域を対象とした「全県版」と、国の防災基本計画に基づいて避難計画の策定が義務付けられているPAZ及びUPZを含む14市町村を対象とした「PAZ・UPZ版」の二種類に分かれています。

 ※14市町村:水戸市、日立市、常陸太田市、高萩市、笠間市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市、鉾田市、茨城町、大洗町、城里町、東海村、大子町 

  • 最新の「原子力広報いばらき」はこちら

全県版

     PAZ・UPZ版

全県版第1号(PDF:6,987KB)       PAZ・UPZ版第1号(PDF:2,531KB)

 

PAZ・UPZとは

PAZ(Precautionary Action Zone):予防的防護措置を準備する区域

 原子力災害時に、放射性物質の環境への放出前から、予防的に避難などの防護措置を行う区域のこと。東海第二発電所から約5キロメートル圏。

※該当市村

  • 東海村(全域)、日立市(一部)、ひたちなか市(一部)、那珂市(一部)
UPZ(Urgent Protective Action Zone):緊急防護措置を準備する区域

 原子力災害時に、放射線被ばくによる影響のリスクを最小限に抑えるため、屋内退避、避難、一時移転及び飲食物の摂取制限などの緊急防護措置を行う区域のこと。東海第二発電所から約5キロから30キロメートル圏。

※該当市町

  • 水戸市(全域)、茨城町(全域)、大洗町(全域)
  • 日立市(一部)、ひたちなか市(一部)、那珂市(一部)、常陸太田市(一部)、高萩市(一部)、笠間市(一部)、常陸大宮市(一部)、鉾田市(一部)、城里町(一部)、大子町(一部)

PAZUPZMap

 

原子力広報いばらきバックナンバー

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

防災・危機管理部原子力安全対策課原子力広報

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2922

FAX番号:029-301-2929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?