ホーム > 茨城で暮らす > 保健・医療 > くすり > 薬物乱用防止関係 > 医薬品の乱用も危険です!

ここから本文です。

更新日:2021年11月25日

医薬品の乱用も危険です!

医薬品を本来の目的以外で使用すること,又は大量に使用することは乱用です。

大麻など違法薬物と同じく,医薬品の乱用は健康障害を引き起こす危険があります。

10代の市販薬乱用が多い

不安緩和や意欲増進を期待して,市販の鎮咳薬,鎮痛薬,かぜ薬などが乱用されています。

精神科の薬物関連疾患患者について実施された全国調査*で,10歳代の患者の約4割が市販薬を主に乱用していたと報告されています。(図)

患者別主たる乱用薬物(2018)

      図 患者年代別 主たる乱用薬物(2018)

 

*「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」(平成30年度厚生労働科学研究費補助金分担研究)分担研究者:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部 松本俊彦部長

 

やめられなくなる! 違法薬物に向かう心配も

鎮咳薬などの市販薬や,睡眠薬・抗不安薬などの処方医薬品の大量服用を続けると,副作用による健康障害ばかりでなく,やめられない状態(依存症候群)になってしまう恐れがあります。

医薬品の乱用から,もっと強い効果を期待し,大麻や覚醒剤など,より危険な違法薬物に手を出してしまう人もいます。

     表 薬物関連患者が初めて乱用した薬物(2018)

 薬物関連患者が初めて乱用した薬物(2018)

  

医薬品は正しい用法用量で使用しましょう

医薬品の用法用量を正しく理解し,副作用などを引き起こさないように使用しましょう。

また,医師から処方された薬(医療用医薬品)は一人ひとりにあわせて処方されていますので,安易に人にあげたり,もらった薬を使わないでください。

 

乱用等のおそれのある医薬品の販売について

医薬品医療機器等法施行規則第15条の2の規定に基づき,乱用等のおそれのある一般医薬品,薬局製造販売医薬品の販売は,次に掲げる方法によることとされています。

 1 薬局又は医薬品販売業者は,薬剤師または登録販売者に次の事項を確認させること

  (1)購入しようとする者が若年者である場合は,氏名及び年齢

  (2)購入者又は使用者について,他の薬局等での濫用等おそれのある医薬品の購入及び譲受状況

  (3)適正な使用のために必要な量(原則1包装)を超えて購入しようと場合は,その理由

 2 適正な使用のために必要と認められる数量(原則1包装)に限り販売すること。

ご理解のうえ,適正な購入をお願いします。

参考文献 

・松本俊彦(2019)「市販薬(OTC薬)乱用・依存の現状と防止に向けた課題」医薬品・医療機器等安全情報No.365,p17-22

・「全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査」2018報告書(厚生労働省HP) 

 

その他の薬物乱用について

今,大麻が危ない!(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

乱用されている薬物について

薬物乱用のおそろしさ

  麻薬・覚醒剤乱用防止運動(10月1日から11月30日)

 啓発資材を貸し出しています!

 

このページに関するお問い合わせ

保健医療部薬務課麻薬

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-3388

FAX番号:029-301-3399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?