ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 地域の健康福祉 > 県南地域 > つくば保健所 > テイクアウト等における食中毒予防について

ここから本文です。

更新日:2020年8月17日

テイクアウト等における食中毒予防について

 弁当などのテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配)は、店内で飲食する場合に比べ、食べるまでに時間がかかることに加え、湿度や気温の上昇により食中毒のリスクが高まるため、より一層の注意が必要です。 

消費者の皆様へ

  •  持ち帰りの際は、温度管理に注意しましょう。高温の車内に放置するのは避けましょう。
  •  購入後は長時間放置せず、すぐに食べきりましょう。
  •  食べる前にはしっかりと手洗いをしましょう。

   家庭でできる食中毒予防の6つのポイント(厚生労働省リーフレット)(PDF:880KB)

営業者の皆様へ

 普段の衛生管理に加え以下の点に注意してください。

  •  テイクアウトやデリバリーに適したメニューや容器を用意しましょう。
  •    お店の調理能力を超えない販売数量にしましょう。
  •    加熱が必要なものは中心部まで十分に加熱しましょう。
  •  作り置きは控えましょう。
  •  すぐに食べきるようにお客様に説明しましょう。

注意!

  • テイクアウトやデリバリーを始める場合や屋外での弁当販売を行う場合、新たな許可が必要になる場合があります。
  • 販売方法等により、食品表示法に基づく表示が必要になる場合があります。

  詳しくは保健所までお問い合わせください。

 

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    このページに関するお問い合わせ

    保健福祉部つくば保健所衛生課

    茨城県つくば市松代4丁目27

    電話番号:029-851-9287

    FAX番号:029-851-5680

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    質問:このページの情報は役に立ちましたか?

    質問:このページは見つけやすかったですか?