ホーム > 県警の紹介 > お知らせ > 今月のお知らせ

更新日:2021年6月1日

ここから本文です。

今月のお知らせ

茨城県警察より令和3年6月のお知らせです。

 水の事故に注意しましょう

水辺に出かける機会が多くなる夏期(6月~8月)は水難事故が増加する傾向があります。安全に夏を過ごしていただくために、次のことに注意してください。

海岸での事故を防止するために

神栖市から大洗町の鹿島灘沿岸には、美しい砂浜を波の浸食から守るためヘッドランドという(人工岬)が設置されています。
ヘッドランド周辺は、岸から沖に向かう強い流れ(離岸流)が発生しやすく、この流れに巻き込まれると、オリンピック選手でも流れに逆らって泳ぐことは困難と言われ、浅瀬であっても沖に流されて死亡する事故も発生しています。
ヘッドランド周辺には絶対に近づかないでください。

子供の水の事故を防ぐために

水の事故が起きるのは海だけとは限りません。
子供の水の事故は、自宅の近くの川・池・用水路等でも発生しています。
保護者の方は、自宅の周辺に危険な場所がないかお子さんと一緒に確認しておき、子供達だけで危険な水辺に行かないようによく言い聞かせておきましょう。

船舶による水難事故を防止するために

水上オートバイなど船舶を操縦する際は、事前に船舶の安全点検を行い、必ずライフジャケットを着用しましょう。
水上オートバイの事故は急旋回や飲酒操縦など危険な操縦だけではなく、波にあおられる、ボートえい航時の急な操作などちょっとしたことで大きな事故に発展する可能性があります。
決められたルール・マナーを守って安全操縦に努めましょう。

釣り等での水難事故に注意

釣り等で海や川などの水辺に近づく際は、必ずライフジャケット・滑りにくい靴を着用しましょう。
また、海岸の防波堤など、過去に死亡事故が発生し立入禁止に指定されている危険な場所があります。このような危険な場所には絶対に立ち入らないでください。

よいこのみなさんへ

かわやいけのまわりはあしもとがすべりやすくとてもきけんです。
みずのじこにあわないために、つぎのことにちゅういしましょう。

  • かわやいけなどに、こどもたちだけであそびにいかない。
  • フェンスやさくをのりこえない。

関連情報

 覚醒剤や大麻等の違法薬物には絶対に手を出さない

薬物乱用のない地域社会を実現するには、県民の一人一人が薬物乱用に対する正しい知識と「絶対に手を出さない」という強い意思を持つことが大切です。

違法な薬物に手を出してしまうと

精神や身体を蝕むばかりか、幻覚・幻聴等により、殺人や放火等の凶悪な犯罪や重大な交通事故を起こしてしまいます。
違法薬物は1回でも使用すると、禁断症状から逃れるため、更に強い薬物を求める「依存性」と、使う量や回数が増えて、止められなくなる「耐性」が生じるようになります。
結果的に仕事も続けられなくなり、違法な薬物を購入するために、借金をしたり、窃盗や強盗まで手を染めることになります。

断る勇気を

覚醒剤や大麻を始めとする違法薬物を勧められても毅然とした態度で断りましょう。違法薬物に手を出して、薬物依存症に陥ると、治療には長い期間が必要となり、大切な家族や友人を傷つけるばかりか、夢や希望まで失うことになってしまいます。
あなたの人生を台無しにしないためにも、キッパリと断る勇気が必要です。

薬物乱用110番

警察では「薬物乱用110番」という薬物乱用に関する相談電話を設けています。
どうしても違法薬物を止められなくて困っている方、身近な人に違法薬物を止めてもらいたいと思っている方など、自分のためだけではなく、「誰か」のために、警察に相談しましょう。
秘密は厳守します。
電話番号は、「029-301-7979」です。
7979(なくなく)で「泣くな薬で(なくなくすりで)」です。

関連情報

 地域ぐるみの暴走族・危険運転者の追放

暴走族は、深夜から早朝にかけて、違法改造した自動二輪車で爆音を立てながら悪質・危険な運転を繰り返しており、地域の平穏な暮らしを害する不法な集団です。
また、違法改造した旧型の自動二輪車で爆音を立てながら走行する等の違法行為を敢行する旧車會が、他県のグループとともに、休日の昼間に観光地を目指して大規模な集団走行を行い、一般の通行車両や県民の方々に多大な迷惑を及ぼしている状況があります。
暴走族や旧車會が集まったり、爆音をまき散らして暴走したり、車両を改造しているのを見たり聞いたりしたときは、すぐに警察に連絡してください。
安心して生活するためにも、暴走族や旧車會を許さない環境を作り、地域ぐるみで、悪質・危険な運転を繰り返す暴走族や旧車會を追放しましょう。

暴走族相談電話をご存じですか

警察本部交通指導課に「暴走族相談電話」を設置しています。
電話番号:0120-375-214みんなでついほー
相談受理の対象となる内容は、

  • 暴走族への加入防止に関すること
  • 暴走族からの離脱に関すること
  • 暴走族等による暴走行為の防止に関すること

など、一人で悩まず電話してみてください。

暴走族や旧車會に関する情報提供のお願い

  • 暴走族や旧車會が集まる時間、場所を知っている
  • 暴走族や旧車會の構成員らを知っている
  • 暴走族風の車やバイクを持っている人を知っている

など、あなたが目にしたこと、耳にしたことを教えてください。
メールアドレス:keikousi@pref.ibaraki.lg.jp
あなたからの情報をお待ちしています。

毎年6月は国土交通省が「不正改造車を排除する運動」を行い、警察と運輸支局が協力して、通行する車両の街頭検査を実施しています。

暴力をしない・させない・見に行かない

関連情報

 聖火リレー及び東京オリンピック実施時のご協力を

東京2020オリンピック聖火リレーの概要

オリンピックの象徴である聖火は2021年3月25日に福島県を出発し、121日間をかけて日本全国47都道府県を巡ります。
茨城県の聖火リレーは、7月4日、5日の二日間にわたって実施され、1日目はサッカー競技の開催地である鹿嶋市を出発、鹿行・県北・県央地域をリレーし、水戸市に到着します。2日目は、古河市を出発、県西・県南地域をリレーし、つくば市に到着するなど2日間で16市町において実施されます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の概要

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会はオリンピックが7月23日から8月8日までの17日間で33競技、パラリンピックが8月24日から9月5日の13日間で22競技行われます。茨城県ではオリンピックのサッカー競技が茨城県立カシマサッカースタジアムにおいて、開会式前日の7月22日から8月5日までの15日間の内8日間で、計11試合が行われます。

ドローンの飛行について

ドローンは、その利便性の高さから昨今、急速に普及しています。しかし、その一方、使用方法によっては危険を伴うことが指摘されています。ドローンをお持ちの方は、聖火リレールート及びスタジアム周辺での飛行は行わないよう、趣旨を御理解の上、御協力のほど、よろしくお願いします。

警戒警備にご協力を

警察では、ライフラインや公共交通機関等の重要施設に対する警戒を強化しています。また、県民の皆さんと連携し、官民一体となった警備対策に取り組んでいます。県民の皆さんには、

  • 近所に見慣れない人・車が長時間同じ場所に留まっている。
  • 多くの人が集まる場所で、不自然に放置された物がある。
  • 警備員や防犯カメラの位置を注意深く確認している人がいる。
  • 市街地でドローンやラジコンヘリが飛んでいる。
  • インターネット上に犯行を予告するような書き込みがある。

など、普段の生活の中で「いつもと違う」と感じた時には、警察への通報をお願いします。

交通規制に対するお願い

聖火リレー及びサッカー競技大会実施時には、聖火リレールート及びカシマサッカースタジアム周辺道路で交通規制を行う予定です。交通規制が行われる時間帯は、規制区間及びその周辺路線の通行を避け、渋滞が予想される区域へのお車でのお出掛けは御遠慮ください。

関連情報

 STOP不法滞在・不法就労
不法滞在・不法就労外国人の情報提供をお願いします

外国人労働者問題啓発月間

毎年6月は政府が定める外国人労働者問題啓発月間です。
茨城県内では、多くの外国人労働者が働いていますが、就労資格がない外国人が雇い入れられるケースも多く見られます。
就労資格がないまま働く外国人だけでなく、それらの者を雇う雇用主も処罰の対象になります。
県警察では、外国人の不法滞在・不法就労の根絶を目指し、取締りを推進しています。

雇用主のみなさんへ
「不法就労助長罪」について

「人手が足りないので短期間なら大丈夫だろう。」などと、安易に不法滞在者を雇った場合、不法就労助長罪として、3年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金、又はその両方を科せられることがあります。
外国人を雇用するときは、必ず在留カードの「在留期間(満了日)」欄や「就労制限の有無」欄を確認し、適正雇用に努めてください。

不法滞在・不法就労外国人に関する情報提供をお願いします

不法滞在・不法就労外国人に関する情報があれば、些細なことでも情報提供をお願いします。

関連情報