今月のお知らせ

茨城県警察より令和年6月のお知らせです。

水の事故に注意しましょう

夏のレジャーシーズンがやってきました。県内各地で海水浴や川遊びを楽しむ人の姿が多く見られるようになりました。この季節は、水の事故が多くなります。十分注意をしてください。

海で遊ぶときの注意点

海では水遊び中に波にさらわれたり、深みにはまって溺れる事故が多く発生します。

岸に近いところでも、沖へ流れるとても速い潮の流れがあったり、急に深くなる場所があったりして危険です。

神栖市から大洗町の鹿島灘海岸には、美しい砂浜を浸食から守るため、ヘッドランド(人工岬)が設置されています。ヘッドランド周辺は沖に向かう強い流れ(離岸流)が発生しており、水難事故が多発しています。この周辺では絶対に泳いだり、水遊びをしないでください。海で泳ぐ時は、必ず監視体制や救助体制が整った海水浴場を選ぶようにしましょう。

川遊びの際の注意点

川の様子は、上流の天候などによって大きく変化します。安全と思われる場所でも急に水かさが増してくることがあるので注意しましょう。

中州で遊んでいると、いつの間にか水かさが増し、岸に戻れなくなることがあります。このような場所で遊ぶことは避けましょう。

水上オートバイなどのレジャー・スポーツをする際の注意点

事前に器具の安全点検を行い、必ずライフジャケットを着用しましょう。

水上オートバイなどに乗る時には、無理な操縦をしたり、お酒を飲んで操縦したりしないで下さい。

令和元年7月1日から、改正された茨城県水上安全条例が施行されます。
主な改正点は、水上オートバイなどの小型船舶で、ゴムボート等を曳いて航行する時の制限を設けたことと、飲酒運転の規制を強化したことと、罰則を引上げたことなどです。

周囲の方に危険や迷惑を与えないよう、ルールやマナーを守りましょう。

よいこのみなさんへ

よいこのみなさんへ

かわやいけのまわりはあしもとがすべりやすくとてもきけんです。

みずのじこにあわないために、つぎのことにちゅういしましょう。

  • かわやいけ・ぬまなどにひとりであそびにいかない
  • いけやぬまなどのフェンスやさくをのりこえない
  • かわにいくときは、なるべくおとなのひとといっしょにいく
関連情報

水難事故防止

このページのトップへ戻る

暴力団を社会から排除・追放しましょう

企業におけるコンプライアンスが重視され、企業活動においても法令遵守が厳しく求められる社会情勢となった昨今、反社会的勢力を利用したり、これに資金提供などをすることは、厳しい社会的批判を受けることになります。

反社会的勢力との関係を遮断するためには、日頃から規則や体制を整備してリスク管理を強化することにより、取引活動などから反社会的勢力を排除する仕組みを構築することが極めて重要です。

企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針(平成19年6月19日、犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)

【基本原則】

  • 組織としての対応
  • 外部専門機関との連携
  • 取引を含めた一切の関係遮断
  • 有事における民事と刑事の法的対応
  • 裏取引や資金提供の禁止
暴力団排除条項の導入

契約書や取引約款等に「暴力団排除条項」を盛り込むことで、暴力団等の反社会的勢力からの不当要求等の予防・抑止や関係遮断を図るとともに、現場責任者による対応の根拠とすることや、裁判となった際の規範とすること等の機能が期待できる。

行政対象暴力の形態として、行政機関の持つ権限の行使を要求する「権限行使要求型」と名目の如何を問わず、行政機関又はその職員に金品を要求する「金品要求型」があります。行政機関として、これらの要求に応じてしまえば、行政に対する県民からの信頼を大きく損ねてしまいます。

行政対象暴力に適切に対処するためには、警察、茨城県暴力追放推進センター及び弁護士会との連携が重要です。

暴力団追放三ない運動プラス1

  • 暴力団を恐れない
  • 暴力団を利用しない
  • 暴力団に金を出さない
  • 暴力団と交際しない
お問い合わせ先
  • 公益財団法人茨城県暴力追放推進センター
    電話:029-228-0893

月曜日から金曜日:午前9時00分から午後5時00分まで(祝祭日を除く)

関連情報

暴力団対策

このページのトップへ戻る

薬物乱用防止

急増する若者の大麻乱用

「大麻には害がない」「心身が大麻の影響を受けることはない」など、間違った情報やイメージが広がっています。大麻の乱用をきっかけに、自分でも気づかないうちに依存症になってしまい、より強い刺激を求めて別の薬物に手を出してしまう例も多いのです。正しい知識を持って正しい判断をしましょう。

大麻は違法薬物。自分の未来は自分で守る
大麻の使用を誘われたら!?

「必要ない」「興味ない」などと、最初にきっぱり断ることが何よりです。もし断りづらい雰囲気なら、とにかくその場から離れましょう。言葉巧みに誘われて、どうしても気持ちが揺れそうなときに、「大事なこと」、「将来やりたいこと」「大切な人」を思い出し、大麻によってそれらを失ってしまうことを想像してみてください。

仲のいい友達や家族が大麻を使っていたらどうする?

「注意してやめさせよう」と考えるかもしれませんが、依存症をやめさせるのは簡単なことではありません。すぐに最寄りの警察署や下記相談窓口に相談してください。大切な友達や家族が逮捕されてしまう....と考えると難しいかもしれませんが、対処が早ければ早いほど本人にとっても周りにとっても、相談することが一番良い結果につながります。

大麻をやめたい!

もしあなたが依存症になっているとしたら、自力で大麻を断ち切るのは困難です。時間が経てば経つほど症状は悪化し、もっと刺激の強い薬物を求めてしまう危険性もあります。

相談先
  • 覚醒剤110番 電話:029-301-7979
    (7979(なくなく)で「泣くな薬で(なくなくすりで)」)

(※)平日午前8時30分から午後5時15分まで
(※)夜間、土曜日、日曜日、祝日は警察本部当直対応

関連情報

このページのトップへ戻る

G20大阪サミット等開催に伴うテロ対策にご協力を!!

県警察の取組

本年6月8日(土曜日)から9日(日曜日)の2日間、つくば国際会議場において「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」が開催されます。
また、6月28日、29日の両日、大阪府において「第14回金融・世界経済に関する首脳会合(大阪サミット)」が開催されます。
警察では、サミット等に参加する国内外の要人の安全及び会議の円滑な進行を確保し、テロ等違法行為の未然防止を図るため、次のような対策に取り組んでいます。

テロ等の未然防止

警察では、ライフラインや公共交通機関等の重要施設に対する警戒を強化しています。また、県民の皆さんと緊密に連携し、官民一体となったテロ対策に取り組んでいます。

サイバー攻撃対策

サミット等の重要な国際会議をサイバー攻撃から守るため、関係事業者等と連携しながら、被害の未然防止や拡大防止に取り組んでいます。

交通対策

交通総量抑制など県民の皆さんへの影響を最小限にするための取り組みを推進しています。

各種訓練の実施

テロ等違法行為の発生に備え、関係機関と連携した訓練を行い、対処能力の向上に取り組んでいます。

テロ対策にご協力を

警察では県民の皆さんとともに「テロを許さない街」を確立するため、ご協力をお願いしています。例えば、

  • 近所に見慣れない人・車が長時間同じ場所に留まっている。
  • 多くの人が集まる場所で、不自然に放置された物がある。
  • 警備員や防犯カメラの位置を注意深く確認している人がいる。
  • 市街地でドローンやラジコンヘリが飛んでいる。
  • インターネット上に爆弾の製造方法やテロを称賛するような書き込みがある。

など、普段の生活の中で「いつもと違う」と感じた時には、警察への通報をお願いします。

関連情報

このページのトップへ戻る

地域ぐるみの暴走族・危険運転者の追放

暴走族は、深夜から早朝にかけて、違法改造した自動二輪車で爆音を立てながら悪質・危険な運転を繰り返しており、地域の平穏な暮らしを害する不法な集団です。

また、違法改造した旧型の自動二輪車で爆音を立てながら走行する等の違法行為を敢行する旧車會が、他県のグループとともに、休日の昼間に観光地を目指して大規模な集団走行を行い、一般の通行車両や県民の方々に多大な迷惑を及ぼしている状況があります。

暴走族や旧車會が集まったり、爆音をまき散らして暴走したり、車両を改造しているのを見たり聞いたりしたときは、すぐに警察に連絡してください。

安心して生活するためにも、暴走族や旧車會を許さない環境を作り、地域ぐるみで、悪質・危険な運転を繰り返す暴走族や旧車會を追放しましょう。

暴走族相談電話をご存じですか?

警察本部交通指導課に「暴走族相談電話」を設置しています。

電話での相談
  • 暴走族相談電話
    フリーダイヤル:0120-375-214 (みんなでついほう)

24時間受け付けておりますが、夜間や休日は当直員対応となりますのでご了承ください。

相談受理の対象となる内容は、

  • 暴走族への加入防止に関すること
  • 暴走族からの離脱に関すること
  • 暴走族等による暴走行為の防止に関すること

です。

1人で悩まず、電話をしてみてください。

暴走族や旧車會に関する情報提供のお願い
  • 暴走族や旧車會が集まる時間、場所を知っている
  • 暴走族や旧車會の構成員らを知っている
  • 暴走族風の車やバイクを持っている人を知っている

など、あなたが目にしたこと、耳にしたことを教えてください。

メールでの情報提供

下記のアドレスへお願いします。

メールアドレス:keikousi@pref.ibaraki.lg.jp

  • アドレスをクリックするとメールソフトが起動しますので、内容を記載し送信をお願いします。
  • メールソフトから送信できない場合は、内容を記載したメールを上記アドレス宛に送信してください。

あなたからの情報をお待ちしています。

関連情報

「暴走族相談電話」について

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 警務部 県民安心センター
連絡先: 029-301-0110