今月のお知らせ

茨城県警察より平成29年10月のお知らせです。

全国地域安全運動並びに安全・安心なまちづくりの日

県民のみなさん、全国地域安全を契機に、防犯に対する意識をさらに高めて、犯罪のない安全・安心を実感できる「いばらき」の確立に御協力お願いします。

全国地域安全運動期間
  • 全国地域安全運動期間
    平成29年10月11日(水曜日)から10月20日(金曜日)まで
  • 安全・安心なまちづくりの日
    平成29年10月11日(水曜日)
運動重点
子供と女性の犯罪被害防止
  • 夜間の単独行動はやめましょう。
  • 「〜しながら」歩行はやめましょう。
  • 防犯ブザーを携帯しましょう。
  • 危険を感じたら、迷わず110番通報しましょう。
住宅侵入窃盗の被害防止
  • 外出時はもちろん、就寝時・在宅時も施錠する習慣をつけましょう。
  • センサー式ライトや防犯砂利などを設置しましょう。
  • 防犯性能の高い建物部品(CP部品)を使用しましょう。
  • フェンスは見通しの良いものを設置しましょう。
  • 家の周囲に足場となるような物を置かないようにしましょう。
ニセ電話詐欺の被害防止〜こんな電話・メールは全て詐欺〜
  • 「キャッシュカードを預かる」
  • 「プリペイドカード型電子マネー『ギフト券』で料金払え」
  • 「『携帯電話番号が変わった』等と電話し、お金を要求する息子や孫」
  • 「ATMで還付金の手続き」
  • 「レターパック、宅配便で現金送れ」
自動車盗の被害防止
  • 頑丈なハンドルロックやホイールロック、チェーン等を使用しましょう。
  • 大きな音を発する警報器等を取り付けましょう。
  • 駐車場に防犯カメラやセンサー式ライトなどを設置しましょう。
  • GPS装置を取り付けましょう。
  • 可能な限り複数の防犯対策を講じましょう。
関連情報

このページのトップへ戻る

暴力団犯罪の根絶と地域・職域からの暴力団排除活動の推進

指定暴力団は、全国に22団体存在し、組織内は、ピラミット型に階層が広がり、上位に絶対服従という厳しい戒律のもと、不法行為を繰り返しています。
 県内では、多い順に、松葉会、住吉会、六代目山口組といった指定暴力団が存在しますが、これらの暴力団は、伝統的な資金獲得活動、民事介入暴力、行政対象暴力やその組織実態を隠蔽しながら、建設、不動産、金融、証券市場などへ進出を図るなどして資金獲得活動を行っています。

暴力団を社会から排除するためには、日頃から知識を高めることが肝要であり、まず、被害を受けた場合や不当要求を受けた場合等には、勇気を持って相談することが一番の解決策です。

相談先
  • 最寄りの警察署
  • 茨城県暴力追放推進センター(略称、暴追センター)

等に相談することが一番の解決策です。

各種職域から暴力団を排除する方策

その他、各種職域から暴力団を排除する方策として、『暴力団排除条項』を導入するという方法があります。

暴力団排除条項とは、契約書、契約約款等に設ける暴力団を排除するための条項のことで、暴力団との取引を拒絶したり、取引開始後に相手が暴力団等であることが判明した場合に契約を解除できる条項のことですが、これを導入すれば、暴力団の進出を未然に防ぐ抑止効果が生まれますので、是非、契約書や取引約款内に「暴力団排除条項」を盛り込んでください。

三ない運動+ワン
  • 恐れない
  • 金を出さない
  • 利用しない
  • 交際しない
関連情報

このページのトップへ戻る

薄暮時間帯及び夜間の交通事故防止

「秋の日はつるべ落とし」といいますが、日暮れが早まるこの時期は、薄暮時間帯及び夜間の交通事故が増加します。
周りが暗く見通しが悪くなりますから、ドライバーも歩行者も、ライトや反射材を活用して自分の存在を知らせ、お互いを早く発見することが大切です。

ドライバーの皆さん
ライトを上手に使いましょう。
  • 日没30分前にはライトを点灯しましょう。
  • 対向車等がいないときは、ライトを上向きで走行しましょう。
スピードを控えましょう。
  • 交通量が少ない夜間は、スピードを出しすぎる傾向があります。特に見通しが悪い場所では、十分にスピードを落としましょう。
危険を予測した運転をしましょう。
  • 「横断歩行者がいるかもしれない」と常に危険を予測した「かもしれない運転」を心がけましょう。
歩行者の皆さん
反射材を身につけましょう。
  • 夕方夜間に外出するときは、明るい色の服装と、ライトが当たると光る反射材や、内蔵のLEDライトが点滅したりする反射材等を活用して、自分の存在を知らせましょう。
  • 反射材は、体の動く部分に数多くつけるとより効果的です。
関連情報

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課: 警務部 県民安心センター
連絡先: 029-301-0110