ホーム > 県警の紹介 > お知らせ > 今月のお知らせ

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

今月のお知らせ

茨城県警察より令和3年3月のお知らせです。

茨城県警察官採用試験(第1回)申込みについて

茨城県警察では、警察官採用試験(第1回)の受験申込を受け付けています。
申込締切りは4月9日(金曜日)午後5時までとなりますので、受験を考えている方は余裕を持ってお申込みください。

受験資格

  • 男性警察官A・女性警察官A
    昭和63年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法による大学(短期大学を除く。)を卒業した人若しくは令和4年3月31日までに卒業見込みの人又は人事委員会がこれと同等と認める人
  • 男性警察官B・女性警察官B】
    昭和63年4月2日から平成15年4月1日までに生まれた人で、上記警察官Aの受験資格(学歴区分)に該当しない人(令和4年3月31日までに高等学校を卒業見込みの人を除く)

受付期間

令和3年3月1日(月曜日)午前9時から4月9日(金曜日)午後5時まで

申込み方法

インターネットからお申込みください。

「いばらき電子申請・届出サービス」から申込ができます。

採用予定日

  • 男性警察官A・女性警察官A
    令和3年10月1日又は令和4年4月1日
  • 男性警察官B・女性警察官B
    令和3年10月1日

第1次試験

令和3年5月9日(日曜日)

試験会場

水戸会場、土浦会場、筑西会場から希望の地区を申請できます。
※受験者は、受験票ダウンロード時に詳細な試験会場を確認できます。

最終合格発表

令和3年7月26日(月曜日)午前10時(予定)

試験案内の配布等

茨城県警察本部、県内各警察署、交番及び駐在所で配布します。
茨城県警察採用案内ホームページから試験案内のダウンロードも可能です。
詳細については、茨城県警察採用案内ホームページでご確認ください。

進学・進級時における少年の非行・犯罪被害防止と有害環境の浄化

卒業や進学・進級を迎えるこの時期は、生活環境の変化に伴い、深夜の外出、喫煙・飲酒等の不良行為や万引き等の非行に走る少年が増加する傾向にあります。

  • 深夜の外出は、恐喝や暴行、誘拐等の犯罪被害に遭う危険も高まり、喫煙・飲酒に手を出してしまうきっかけにもなります。喫煙・飲酒は、健康に悪影響を及ぼすばかりでなく、大麻や覚醒剤等禁止薬物の乱用への入口となるおそれもあります。子供に門限、夜遅くに子供だけで外出しないなど約束事を決めましょう。
  • 環境の変化から生活習慣や生活態度が乱れて万引き等の非行に走るケースがあります。
    また、中学生や高校生を含む少年が遊ぶ金欲しさに被害者から現金を受け取る役割の「受け子」としてニセ電話詐欺に加担し、検挙される事件も起きています。子供の変化を見逃さず、絶対に犯罪を行ったり、加担したりしてはいけないことを約束させましょう。
  • インターネットは、便利で楽しいものですが、使い方を間違うととても危険です。進学・進級をきっかけにして子供にスマートフォンデビューさせる前に、適切なインターネットの利用を促し、どのように使うのか家族でよく話し合い、ルールを決めて守らせてください。
    また、不適切な情報や危険な出会い等を防ぐためにフィルタリングを利用して不適切なサイトへのアクセスを遮断しましょう。

SNS被害から自分を守る3つの約束

  1. SNSで知り合った人と直接会わない!
  2. 住所や名前など個人情報を載せない!
  3. 自分や友達の写真を送らない!

~茨城県警察少年サポートセンターをご利用ください~

少年サポートセンターでは、少年の非行や犯罪被害等の問題に関して、電話、面接、メールで相談を受け付けています。県や市の施設にありますのでお気軽に相談してださい。

  • 少年サポートセンター水戸
    電話:029-231-0900(まるくおさまる)
    所在地:水戸市柵町1-3-1/水戸合同庁舎5階
  • 少年サポートセンターつくば
    電話:029-847-0919(まるくいく)
    所在地:つくば市高野1197-20/つくば市豊里窓口センター内
  • Eメールアドレス:keishonen@pref.ibaraki.lg.jp

関連情報

少年の非行・被害防止

通学路等における歩行者の安全確保

~見てるかな黄色い帽子とわたしの手~

新入学、進級のシーズンはまもなくです。まだまだ道路に不慣れな子供たちが、道路を歩いたり渡ったりします。新しいスタートを切る輝く子供たちが、悲惨な交通事故の犠牲にならないように地域全体で守っていかなければなりません。

保護者の皆さんへ

お子さんと一緒に通学路を歩いてみましょう。子供は大人に比べて視野が狭く目線も低いため、大人には見えても子供には見えていないことがあります。お子さんの目の高さに合わせて通学路を点検して、どこが危険か、どこでどのようにすれば安全か具体的に指導しましょう。歩行中の子供の交通事故の原因で最も多いのは、飛び出しによるものです。道路を横断する際は、「必ず止まる」「周りの安全を体を向けてよく確かめる」「横断中も注意する」ことを習慣づけさせましょう。

ドライバーの皆さんへ

  • 子供の姿を見かけたら、子供の不意な動きにも対応できるように、スピードを落として子供から距離をあけて通行したり、徐行や一時停止するなどの歩行者を保護する運転と危険を予測した運転をしましょう。特に学校付近や住宅街では、見えない危険に注意を払いましょう。
  • 横断歩道に、渡ろうとしている人や渡っている人がいたら必ず止まって安全に横断させましょう。横断歩道は歩行者優先です。

地域の皆さんへ

日常の業務を行いながら朝夕の子供の動向に目を配ること「ながら見守り」をしていただき、子供の安全な通行に御協力をお願いします。

「ゾーン30」とは・・

生活道路の安全を確保するため、一定のゾーン内の通過交通や速度の抑制を図るものです。

  • ゾーン内は最高速度時速30キロメートルを遵守して下さい。
  • ゾーン内の通り抜けは避けて下さい。

関連情報

聖火リレー実施時のご協力を!!

東京2020オリンピック聖火リレーの概要

オリンピックの象徴である聖火は2021年3月25日に福島県を出発し、121日間をかけて日本全国47都道府県を巡ります。
茨城県の聖火リレーは、7月4日、5日の二日間にわたって実施され、1日目はサッカー競技の開催地である鹿嶋市を出発、鹿行・県北・県央地域をリレーし、水戸市に到着します。2日目は、古河市を出発、県西・県南地域をリレーし、つくば市に到着するなど2日間で16市町において実施されます。

ドローンの飛行について

ドローンは、その利便性の高さから昨今、急速に普及しています。しかし、その一方、使用方法によっては危険を伴うことが指摘されています。ドローンをお持ちの方は、聖火リレールート及び周辺道路での飛行は行わないようお願いします。趣旨を御理解の上、御協力の程よろしくお願いします。

テロ対策にご協力を

警察では、ライフラインや公共交通機関等の重要施設に対する警戒を強化しています。また、県民の皆さんと緊密に連携し、官民一体となったテロ対策に取り組んでいます。県民の皆さんには、

  • 近所に見慣れない人・車が長時間同じ場所に留まっている。
  • 多くの人が集まる場所で、不自然に放置された物がある。
  • 警備員や防犯カメラの位置を注意深く確認している人がいる。
  • 市街地でドローンやラジコンヘリが飛んでいる。
  • インターネット上に爆弾の製造方法やテロを称賛するような書き込みがある。

など、普段の生活の中で「いつもと違う」と感じた時には、警察への通報をお願いします。

交通規制に対するお願い

聖火リレー実施時には、聖火リレールート及び周辺道路で交通規制を行う予定です。交通規制が行われる時間帯は、規制区間、路線の通行を避け、渋滞が予想される区域へのお車でのお出掛けはご遠慮ください。

関連情報

テロ対策にご協力ください

このページの内容についてのお問い合わせ先

担当課:警務部県民安心センター

連絡先:029-301-0110