ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

麦類の耕種的防除法

病害虫名 防除法
コムギなまぐさ
黒穂病

1.圃場での発病を確認したら,収穫前に罹病株を処分する。

2.常発圃場では,2~3年間オオムギを栽培し,異株(罹病コムギ)を除去処分する。または別な作物を栽培しながらコムギを除去する。

3.こぼれ種子が伝染源となるため,常発転換圃場では,夏期(7~9月)に圃場湛水(代かきをして湛水状態を保つ)し,種子を死滅させる。

4.発病圃場の収穫作業は,最後になるよう計画的に行う。

5.共同で利用する乾燥施設には,発病圃場で収穫した種子を持ち込まない。

6.使用後の収穫・乾燥機械は,丁寧に掃除する。

7.収穫時に罹病種子がこぼれると,翌年の汚染源になるので注意する。

8.翌年の発生を助長するので,罹病株のすき込みは行わない。

株腐病

1.発病の多い圃場は,連作をさける。

2.播種期を標準よりやや遅らせる。

3.踏圧を行い,過度の土入れをさける。

4.加里や石灰を多く施し,追肥も適度に施して肥料切れをさける。

5.早播き,厚播きの場合や,多窒素栽培および暖冬年などに発生が多いので注意する。

立枯病

1.2年以上は,他作物を栽培する。

2.播種期をやや遅らせる。

3.肥料切れしないよう堆厩肥,リン酸を多く施す。

4.転換圃場で発生が認められた場合,麦作後に圃場を代かきして40~80日間湛水すると,翌年の発生は抑えられる。

5.火山灰性洪積畑では,石灰の多施用は発病を多くするので注意する。

縞萎縮病類

(オオムギ縞萎縮病,コムギ縞萎縮病,ムギ類萎縮病)

1.発病激甚圃場では連作をせず,2~3年間は他作物を栽培する。

2.麦種の転換を行う。大麦に縞萎縮病が発生した圃場は小麦に換える。

3.抵抗性品種を作付けする。

4.肥料切れをさけ,排水をよくする。

5.やや遅めに播種する。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部発生予察課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?