ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

タマネギ,ニラ,ネギ,ラッキョウの耕種的防除法

共通項目

  1. 多発圃場では,連作を避ける。
  2. 無病苗,無病種球,無病床を用いる。
  3. 被害株や茎葉は早期に除去し,周囲に放置せず,完全に腐熟化させるか,適切に処分する。
  4. 栽培終了後は,被害残渣の適切な処分を行い,圃場衛生に注意する。
  5. 圃場内及び周辺の雑草防除を徹底する。
病害虫名 防除法

べと病
(ラッキョウ除く)

1.苗床では薄播きにして,多肥栽培は避ける。

2.排水,通風の良好な場所に栽培する。

3.雨よけ栽培する。

黒斑病
(タマネギ,ネギ)

1.肥培管理を適切にし,肥切れしないようにする。

2.雨よけ栽培する。

軟腐病

1.多発圃場では連作を避け,イネ科やマメ科作物で4年程度輪作する。

2.低湿地での栽培を避け,圃場の排水を良好にする。

3.発病株は,できるだけ取り除く。

4.培土時に,株に傷を付けないようにする。

5.雨よけ栽培する。

灰色かび病
白斑葉枯病

1.低湿地での栽培を避けるか,排水を良好にする。

2.ハウスやトンネル栽培では換気をして,通風を良好にする。

3.低温多湿にならないようにする。

4.雨よけ栽培する。

株腐細菌病
(ニラ)

1.低湿地を避けるか,排水を良好にする。

2.雨よけ栽培する。

白絹病

1.低湿地での栽培を避けるか,排水を良好にする。

2.肥培管理を適切にし,肥切れしないようにする。

さび病

1.肥培管理を適切にし,肥切れしないようにする。

2.雨よけ栽培する。

黒腐菌核病

1.酸性土壌では石灰を施し,土壌pHを6.0以上にする。

2.厳寒期の定植・栽培を避ける。

小菌核腐敗病

1.低湿地での栽培を避けるか,排水を良好にする。

2.多肥栽培を避け,肥培管理を適切にする。

萎凋病
乾腐病

1.無病苗,無病種球を厳選する。

2.多発地ではイネ科やマメ科作物で,4年程度輪作する。

萎縮病

1.罹病ユリ科作物の近くで栽培をしない。

2.刃物により汁液伝染をするので,収穫は健全株から行う。

白色疫病

1.低湿地での栽培を避けるか,排水を良好にする。

2.窒素過多を避け,肥培管理を適切にする。

3.雨よけ栽培する。

ネキリムシ類

1.被害株や土中に生息している幼虫を,見つけ次第に捕殺する。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部発生予察課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?