ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

チューリップの耕種的防除法

病害虫名 防除法
かいよう病
球根腐敗病

1.健全球根を定植する。

2.発病株は早期に抜き取り,圃場外へ持ち出す。

3.抵抗性の品種を用いる。

4.多湿を避け,排水を良好にする。

葉腐病

1.連作を避ける。

2.圃場排水を良好にする。

3.発病株は早期に抜き取り,処分する。

灰色かび病

1.密植を避け,圃場排水を良好にして,多湿にしない。

2.被害花や株は,早期に抜き取り,処分する。

ウイルス類
アブラムシ類
アザミウマ類

1.圃場内及び周辺の雑草防除を徹底する。

2.罹病株や寄生株は,早期に処分する。

チューリップ
サビダニ

1.球根堀上げを完全に行い,残渣をできる限り圃場に残さない。

2.球根養成株の花は,摘み取って適切に処分する。

3.球根と表皮の間にサビダニが多く寄生しているので,剥がれた表皮は集めて適切に処分する。

ネダニ類

1.球根堀上げを完全に行い,残渣をできる限り圃場に残さない。

2.堀上げ後の球根は泥をよく落とし,乾燥した状態で貯蔵する。

炭疽病

1.頭上灌水を避ける

2.施設内の高温多湿を避け,通風を良好にする。

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部発生予察課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?