ホーム > 茨城で暮らす > 福祉・子育て > 地域の健康福祉 > 県南地域 > 土浦保健所 > 牛レバーの生食(レバ刺し等)はやめましょう

ここから本文です。

更新日:2019年8月1日

牛レバーの生食(レバ刺し等)はやめましょう

牛レバー(レバ刺し等)を、生のまま食べるのはやめましょう。
平成24年7月1日から、食品衛生法に基づき、生食用牛肝臓の販売・提供が禁止されました。
これは、牛レバー(肝臓)の内部から、腸管出血性大腸菌が検出されており、安全に生で食べるための有効な予防対策は見い出せておらず、重い食中毒の発生が避けられないからです。
営業者の皆様におかれましては、生食用牛肝臓(中心部まで加熱されていないものを含む)を販売・提供しないようお願いします。

<関連サイト>

厚生労働省ウェブページ:牛レバーを生食するのはやめましょう(「レバ刺し」等)(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部土浦保健所衛生課

茨城県土浦市下高津2丁目7番46号

電話番号:029-821-5364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?