ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

平成19年茨城県の賃金・労働時間・雇用の動き

 (毎月勤労統計調査地方調査年報)

 目次

見たい項目をクリックしてください。

ページの先頭に戻る

 調査の概要

1 調査の目的

毎月勤労統計調査は,統計法に基づく指定統計で,茨城県における賃金,労働時間及び雇用について,毎月の変動を明らかにすることを目的としている。

2 調査の対象

この調査は,日本標準産業分類のうち「鉱業」,「建設業」,「製造業」,「電気・ガス・熱供給・水道業」,「情報通信業」,「運輸業」,「卸売・小売業」,「金融・保険業」,「不動産業」,「飲食店,宿泊業」,「医療,福祉」,「教育,学習支援業」,「複合サービス事業」及び「サービス業」に属し(農業,林業,漁業及び一般公務を除く),常時5人以上常用労働者を雇用する事業所の中から抽出した約850事業所について実施している。

3 調査事項の定義

(1) 現金給与総額

現金給与総額」とは,「きまって支給する給与」と「特別に支払われた給与」の合計額であり,所得税,社会保険料,組合費などを差し引く前の総額のことである。

きまって支給する給与」とは,労働協約,あるいは事業所の給与規則などによりあらかじめ定められている支給条件,算定方式によって支給される給与で,超過労働給与を含むものである。

所定内給与」とは,「きまって支給する給与」から「超過労働給与」を除いたものであり,「超過労働給与」とは,所定の労働時間を超える労働に対して支給される給与や休日労働,深夜労働等に対して支給される給与のことである。

特別に支払われた給与」とは,調査期間中に一時的な理由等に基づいて,労働者に支払われた給与及び給与の追給額,賞与等のことである。

(2) 出勤日数

調査期間中に労働者が実際に出勤した日数のことである。有給休暇は出勤日にならないが,1日のうち1時間でも就業すれば出勤日となる。

(3) 実労働時間数

調査期間中に労働者が実際に労働した時間数のことであり,休憩時間は除かれるが,運輸関係労働者の手待時間は含まれる。また,本来の職務外として行われる当直時間は含まれない。

総実労働時間数」とは,「所定内労働時間数」と「所定外労働時間数」の合計である。

所定内労働時間数」とは,事業所の就業規則に定められた正規の始業時刻から終業時刻までの労働時間数である。

所定外労働時間数」とは,超過労働(早出,残業,臨時の呼出し,休日出勤等)による実労働時間数のことである。

(4) 常用労働者

常用労働者」とは,期間を定めずに雇用されている者,1ヶ月を超える期間を定めて雇用されている者(パートタイム等も含む)または日々もしくは1ヶ月以内の期間に限って雇用されている者のうち,前2ヶ月間にそれぞれ18日以上雇用されていたものである。また,重役や理事等の役員でも一定の職務に従事し,一般職員と同じ給与規則によって給与を受けているものは含まれる。

パートタイム労働者」とは,1日の所定内労働時間が一般の労働者より短い者,または,1日の所定労働時間が一般の労働者と同じで1週の所定労働日数が一般の労働者よりも少ない者のことである。

(5) 労働異動率は,次の算式による。

入(離)職率の図

4 結果の算定方法

産業,規模及び男女別に,労働者数,一人平均月間給与額,出勤日数,総実労働時間数を調査票より集計し,規模5人以上の常用労働者を雇用する全事業所に対応させた復元値である。調査結果の推計の基本的な考え方は次のとおりである。

まず,産業,事業所規模ごとの推計を次のように行う。

  1. 調査票の前調査期間末労働者数を合計する。
  2. 別途定める母集団労働者と1の合計値との比率を計算する。この比率のことを「推計比率」と呼ぶ。
  3. 調査票の労働者数,延労働時間数及び現金給与支給総額の合計値に「推計比率」を乗じる。
  4. 延労働時間及び現金給与総額の合計値に推計比率を乗じた結果を,同じく労働者数の合計値に推計比率を乗じた結果で除す。その結果得られた一人平均値を,一人平均労働時間及び一人平均現金給与額の推計値とする。推計労働者数は,労働者数の合計値に推計比率を乗じた値とする。

続いて産業計及び事業所規模計の推計労働者数と一人平均労働時間及び一人平均現金給与額を計算する。計算は,推計労働者については,産業,事業所規模別の推計労働者数の合計であり,一人平均値については,産業,事業所規模別の一人平均値を,推計労働者数のウエイトで加重平均して得る。

別途定める母集団労働者数は,原則として,前月分調査による「本月末推計労働者数」を用いることにしている。ただし,事業所統計調査等に基づく最新の母集団労働者数が判明した場合は,そちらを使用する。

5 標本設計

この調査は,総務省統計局が行う「事業所統計調査」の「事業所リスト」を抽出するための母集団フレームとしている。

標本は,事業所規模30人以上(第一種事業所)では,産業大分類別(「製造業」は中分類,「サービス業」は特定中分類)及び規模別(常用労働者数30人~99人,100人~499人,500人以上)に層化された母集団から,各層ごとに設定された抽出率によって系統抽出された層化一段抽出法により行われている。

また,事業所規模5~29人(第二種事業所)では,毎勤基本調査区から抽出した調査区について5~29人事業所名簿を作成し,次にその名簿から1調査区10事業所を抽出する二段抽出法により行われている。

この調査では労働者一人平均「きまって支給する給与」の産業別標本誤差率を一定限度内にすることを主眼としており,その標本誤差率は第一種事業所で,製造業大分類で3%,製造業中分類で7%,その他の産業大分類で5%,サービス業中分類で10%以内になるよう設計されている。

6 利用上の注意

  1. 産業分類については,平成14年3月7日,総務省告示第139号を適用する。
  2. 「鉱業」は調査事業所数が少ないため公表していないが「調査産業計」には含む。
  3. 「製造業」の「一括産業」とは,「繊維工業」,「石油・石炭」,「なめし革」をまとめたものである。
  4. 「サービス業」の「一括産業」とは,「自動車整備業」,「機械等修理業」等をまとめたものである。
  5. 第1種事業所は,おおむね3年ごとに調査対象事業所の抽出替えを行っており,平成13年10月実施の事業所統計調査を新母集団として,平成19年1月に抽出替えを行っている。
    この抽出替えに伴い,新旧の調査対象事業所が入れ替わったことにより生じる調査結果のギャップを,指数により調整しており,時系列比較は指数により行っている。指数の基準は平成17年平均を100としている。
    なお,すでに公表した実数については修正しないため,抽出替えの前後(平成18年平均と平成19年平均)の実数による時系列比較はできない点を注意すること。
  6. 平成17年1月分調査結果から新産業分類に基づき公表を行うこととした。
    この新産業分類は,それまでのものに比べ新たな産業の追加や,業種の区分が大幅に変更となった産業があり,それ以前の調査結果との接続が難しい。このため時系列の比較に使用する指数については,平成17年平均を100として平成17年以降についてのみ計算をすることとした。

7 記号は次のとおりである。

「0」 単位未満
「-」 皆無
「X」 調査数量が少ないので特に秘したもの

目次に戻る

 結果の概要

 1 概況

平成19年1月から12月までの茨城県における賃金,労働時間及び雇用の動きを毎月勤労統計調査結果からみると,その概況は次のとおりである。

(1) 事業所規模5人以上

ア 賃金

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均現金給与総額は320,065円で,前年に比べ0.6%増となった。

イ 出勤日数及び労働時間

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均出勤日数は19.3日で,前年に比べ0.2日減となった。総労働時間は151.6時間で,前年に比べ0.5%減となった。

ウ 雇用

調査産業計の1ヶ月平均常用労働者数は974,873人で,前年に比べ0.1%減となった。

(2) 事業所規模30人以上

ア 賃金

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均現金給与総額は364,076円で,前年に比べ2.0%増となった。

イ 出勤日数及び労働時間

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均出勤日数は19.2日で,前年に比べ0.1日減となった。総労働時間は154.3時間で,前年に比べ0.3%増となった。

ウ 雇用

調査産業計の1ヶ月平均常用労働者数は578,663人で,前年に比べ0.6%増となった。

目次に戻る

 2 賃金の動き

(1) 賃金の水準

ア 事業所規模5人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均現金給与総額は320,065円で,前年に比べ0.6%増となった。

現金給与総額の内訳をみると,きまって支給する給与が263,703円で,前年に比べ1.0%増となり,ボーナス等の特別に支払われた給与が56,362円となった。

また,現金給与総額は全国平均の330,313円で本県が10,248円下回っており,伸び率は全国の0.7%減(名目賃金)と比べると,本県は1.3ポイント上回っている。

イ 事業所規模30人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均現金給与総額は364,076円で,前年に比べ2.0%増となった。

現金給与総額の内訳をみると,きまって支給する給与が291,024円で,前年に比べ1.8%増となり,ボーナス等の特別に支払われた給与が73,052円となった。

また,現金給与総額は全国平均の377,731円で本県が13,655円下回っており,伸び率は全国の0.3%減(名目賃金)と比べると,本県は2.3ポイント上回っている

表-1 全国平均との比較
表-1 賃金の水準の全国平均との比較

図-1 現金給与額の推移(調査産業計)(事業所規模30人以上)
図-1 現金給与額の推移(調査産業計)(事業所規模30人以上)

(2) 産業別賃金

ア 事業所規模5人以上

産業別に現金給与総額をみると,「電気・ガス・熱供給・水道業」が591,408円で最も多く,次いで「金融・保険業」の486,020円,最も少ないのは「飲食店・宿泊業」の125,063円であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「不動産業」で11.5%減,次いで「運輸業」が9.5%減で,増加率が大きかったのは「金融・保険業」で11.5%増,次いで「建設業」が10.1%増であった。

きまって支給する給与をみると「電気・ガス・熱供給・水道業」が454,546円で最も多く,次いで「金融・保険業」が368,021円,最も少ないのは「飲食店・宿泊業」の120,069円であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「不動産業」で16.7%減,次いで「複合サービス業」が7.8%減,増加率が大きかったのは「サービス業」が10.5%増,次いで「電気・ガス・熱供給・水道業」が10.1%増であった。

特別に支払われた給与をみると「電気・ガス・熱供給・水道業」が136,862円で最も多く,次いで「金融・保険業」が117,999円,以下,「教育学習支援業」,「情報通信業」,「製造業」の順であった。

次に,製造業について産業中分類でみると,現金給与総額は「鉄鋼」が545,320円で最も多く,次いで「非鉄金属」が485,719円,以下,「一括産業」,「情報通信機器」,「化学」,「精密機器」の順であった。
これを,対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「一般機械」で9.5%減,次いで「衣服・繊維」が7.1%減であり,増加率が最も大きかったのは「木材・木製品」で28.5%増,次いで「一括産業」が28.1%増であった。

きまって支給する給与は「一括産業」が379,440円で最も多く,次いで「非鉄金属」が373,581円,以下,「鉄鋼」,「化学」,「情報通信機器」の順であった。
これを,対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「衣服・繊維」で7.4%減,次いで「窯業・土石」が7.2%減であり,増加率が最も大きかったのは,「一括産業」で25.4%増,次いで「情報通信機器」が18.3%増であった。

表-2 産業別賃金の動き
表-2 産業別賃金の動き

図-2 現金給与総額の対前年比較(調査産業計)(事業所規模30人以上)
図-2 現金給与総額の対前年比較(調査産業計)(事業所規模30人以上)

イ 事業所規模30人以上

産業別に現金給与総額をみると,現金給与総額は「電気・ガス・熱供給・水道業」が571,125円で最も多く,次いで「金融・保険業」が525,868円,最も少ないのは「飲食店・宿泊業」の144,259円であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が大きかったのは「教育・学習支援業」で7.1%減,次いで「サービス業」が3.7%減,増加率が最も大きかったのは「飲食店・宿泊業」が17.0%増,次いで「不動産業」が13.0%増の順であった。

きまって支給する給与をみると「電気・ガス・熱供給・水道業」が441,662円で最も多く,次いで「金融・保険業」の401,210円,最も少ないのは「飲食店・宿泊業」の130,975円であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「教育・学習支援業」で6.7%減,増加率が最も大きかったのは「飲食店・宿泊業」の13.3%増,次いで「卸売・小売業」の7.5%であった。

特別に支払われた給与をみると「電気・ガス・熱供給・水道業」が129,463円で最も多く,次いで「不動産業」の124,987円,以下,「金融・保険業」,「情報通信機器」,「教育・学習支援業」の順であった。

次に,製造業について産業中分類でみると,現金給与総額は「鉄鋼」が569,034円で最も多く,次いで「非鉄金属」が503,165円,以下,「化学」,「一括産業」,「情報通信機器」の順であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「衣服・繊維」で7.7%減,次いで「輸送用機器」が5.1%減であり,増加率が最も大きかったのは「情報通信機器」で22.2%増,次いで「その他」が19.6%増であった。

きまって支給する給与は「非鉄金属」が385,353円で最も多く,次いで「鉄鋼」の378,163円,以下,「電子部品・デバイス」,「一括産業」,「化学」の順であった。
これを対前年増減率でみると,減少率が最も大きかったのは「木材・木製品」で11.2%減,次いで「衣服・繊維」が7.9%減であり,増加率が最も大きかったのは「情報通信機器」で18.2%増,次いで「電子部品・デバイス」が10.7%増であった。

表-3 製造業中分類における賃金の動き
表-3製造業中分類における賃金の動き

(3) 賃金格差

ア 全国平均との格差

現金給与総額の全国平均を100とした賃金格差をみると,本県は事業所規模5人以上では96.9,30人以上では96.4となり,ともに全国平均を下回った。

表-4 賃金水準の対全国平均比較
表-4賃金水準の対全国平均比較

イ 産業間の格差

現金給与総額の調査産業計を100とした賃金格差をみると,事業所規模5人以上で最も大きいのが「電気・ガス・熱供給・水道業」の184.8,最も小さいのが「飲食店・宿泊業」の39.1で,その差は145.7ポイントとなった。
また,事業所規模30人以上で最も大きいのが「電気・ガス・熱供給・水道業」の156.9,最も小さいのが「飲食店・宿泊業」の39.6で,その差は117.3ポイントとなった。

表-5 産業間賃金格差
表-5産業間賃金格差

ウ 男女間の格差

現金給与総額の男子を100とした女子の賃金格差をみると,調査産業計の事業所規模5人以上では48.0,30人以上では45.7となった
これを産業別にみると,5人以上では差が最も小さいのが「教育・学習支援業」の64.8で,最も大きいのが「運輸業」の40.1であった。また,30人以上では差が最も小さいのが「教育・学習支援業」の62.9で,最も大きいのが「卸売・小売業」の33.9であった。

表-6 産業別男女間賃金格差
表-6産業別男女間賃金格差

目次に戻る

 3 出勤日数と労働時間の動き

(1) 出勤日数

ア 事業所規模5人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均出勤日数は19.3日で,前年より0.2日減少した。また,調査産業計の年間出勤日数は234日で,前年より2日減少した。
これを産業別にみると,最も多いのが「運輸業」の251日,最も少ないのが「不動産業」の206日で,その差は45日となった。

イ 事業所規模30人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均出勤日数は19.2日で,前年より0.1日減少した。また,調査産業計の年間出勤日数は230で,前年より2日減少した。
これを産業別にみると,最も多いのが「運輸業」の256日,最も少ないのが「教育・学習支援業」の205日で,その差は51日となった。

図-3 出勤日数の規模別,産業別比較
図-3出勤日数の規模別,産業別比較

表-7 出勤日数及び労働時間の動き
表-7出勤日数及び労働時間の動き

(2) 労働時間

ア 事業所規模5人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均総実労働時間は151.6時間で,前年に比べ0.5%減となった。
総実労働時間の内訳をみると,所定内労働時間が139.9時間で前年に比べ1.0%減となり,残業等の所定外労働時間が11.7時間で,前年に比べ5.3%増となった。

これを産業別の対前年増減率でみると,1ヶ月平均総実労働時間は「複合サービス業」が9.2%増となり,「不動産業」が10.6%減となった。
所定内労働時間は「複合サービス業」が5.3%増となり,「不動産業」が9.8%減となった。所定外労働時間については「複合サービス業」が67.7%増となり,「不動産業」が47.7%減となった。

また,調査産業計の年間総実労働時間は1,819時間で,前年に比べ29時間減となった。これを,産業別にみると,最も多いのが「運輸業」の2,148時間,最も少ないのが「飲食店・宿泊業」の1,438時間で,その差は710時間となった。

イ 事業所規模30人以上

調査産業計の常用労働者1人1ヶ月平均総実労働時間は154.3時間で,前年に比べ0.3%増となった。
総実労働時間の内訳をみると,所定内労働時間が140.1時間で,前年に比べ0.3%減となり,残業等の所定外労働時間が14.2時間で,前年に比べ6.1%増となった。

これを産業別の対前年増減率でみると,総実労働時間は「運輸業」が8.6%増となり,「教育・学習支援業」が6.6%減となった。
所定内労働時間は「複合サービス事業」が5.6%増となり,「「教育・学習支援業」が6.0%減となった。所定外労働時間は,「飲食店・宿泊業」が37.1%増となり,「教育・学習支援業」が22.8%減となった。

調査産業計の年間総実労働時間は,1,852時間で,前年に比べ22時間減となった。これを産業別にみると,最も多いのが「運輸業」の2,226時間,最も少ないのが「教育・学習支援業」の1,525時間で,その差は701時間となった。

図-4 総労働時間数の規模別,産業別比較
図-4総労働時間数の規模別,産業別比較

図-5 労働時間の推移(事業所規模30人以上)-調査産業計-
図-5労働時間の推移(事業所規模30人以上)-調査産業計-

(3) 男女間の労働時間格差

男子の総実労働時間を100とした女子の労働時間格差は,調査産業計の事業所規模5人以上では79.3,30人以上では80.4となった。
これを産業別にみると,5人以上で差が最も小さいのが「教育・学習支援業」の99.2で,最も大きいのが「運輸業」の71.9であった。30人以上では差が最も小さいのが「金融・保険業」の94.2で,最も大きいのが「卸売・小売業」の73.2であった。

表-8 産業別男女労働時間格差
表-8産業別男女労働時間格差

目次に戻る

 4 雇用の動き

(1) 雇用水準

ア 事業所規模5人以上

調査産業計の1ヶ月平均常用労働者数は974,873人で,前年に比べ0.1%減となった。
これを産業別の対前年増減率でみると「情報通信業」,「建設業」の減少率が高く,「複合サービス事業」,「不動産業」の増加率が高かった。

イ 事業所規模30人以上

調査産業計の1ヶ月平均常用労働者数は578,663人で,前年に比べ0.6%増となった。これを産業別の対前年増減率でみると「サービス業」,「飲食・宿泊業」の減少率が高く,「不動産業」,「複合サービス事業」の増加率が高かった。

(2) 入職率・離職率

ア 事業所規模5人以上

調査産業計の常用労働者の異動状況をみると,年平均入職率は2.18%で,年平均離職率は2.17%となった。
これを産業別にみると,入職率・離職率とも「教育・学習支援業」が最も大きく,「電気・ガス・熱供給・水道業」が最も小さかった。

イ 事業所規模30人以上

調査産業計の常用労働者の異動状況をみると,年平均入職率は2.12%で,年平均離職率は2.08%となった。
これを産業別にみると,入職率・離職率とも「教育・学習支援業」が最も大きく,「建設業」が最も小さかった。

表-9 入職・離職率の動き
表-9 入職・離職率の動き

図-6 月別入職・離職率の推移(事業所規模30人以上)-調査産業計-
図-6 月別入職・離職率の推移(事業所規模30人以上)

(3) 常用労働者の産業別構成

常用労働者の産業別構成比をみると,事業所規模5人以上,事業所規模30人以上ともに「製造業」,「卸売・小売業」,「サービス業」の順で割合が大きくなっている。
常用労働者に占めるパートタイム労働者の割合は,事業所規模5人以上では28.3%,事業所規模30人以上では24.5%となった。
これを産業別にみると,事業所規模5人以上では,「飲食店・宿泊業」,「卸売・小売業」,「不動産業」の割合が大きくなっている。事業所規模30人以上では「飲食店・宿泊業」,「卸売・小売業」,「複合サービス事業」の割合が大きくなっている。

表-10 常用労働者の産業別構成比
表-10常用労働者の産業別構成比

図-7 常用労働者の構成比
図-7 常用労働者の構成比

表-11 パートタイム労働者比
表-11パートタイム労働者比

図-8 産業別,規模別常用労働者数
図-8 産業別,規模別常用労働者数

目次に戻る

 5 就業形態別(一般労働者とパートタイム労働者)の動き

ア 賃金

産業別の1人1ヶ月平均の現金給与額は,一般労働者が事業所規模5人以上で407,469円(前年に比べ2.6%増),事業所規模30人以上では448,213円(前年に比べ2.9%増)であった。
一方,パートタイム労働者は事業所規模5人以上で99,221円(前年に比べ1.0%増),事業所規模30人以上で104,319円(前年に比べ2.1%減)であった。

きまって支給する給与は一般労働者が,事業所規模5人以上で329,906円(前年に比べ2.7%増),事業所規模30人以上で352,785円(前年に比べ2.8%増)であった。一方,パートタイム労働者は事業所規模5人以上で96,428円(前年に比べ0.7%増),事業所規模30人以上で100,348円(前年に比べ4.5%減)であった。

イ 日数及び労働時間

1人1ヶ月平均の出勤日数は,一般労働者が事業所規模5人以上で20.4日(前年に比べ0.1日減),事業所規模30人以上で20.1日(前年に比べ0.1日増)であった。一方,パートタイム労働者は事業所規模5人以上で16.6日(前年と比べ0.4日増),事業所規模30人以上で16.7日(前年に比べ0.7日増)であった。

総実労働時間は,一般労働者が事業所規模5人以上で172.3時間(前年に比べ0.1%増),事業所規模30人以上で171.8時間(前年に比べ0.9%増)となった。一方,パートタイム労働者は,事業所規模5人以上で99.4時間(前年に比べ1.7%増),事業所規模30人以上で100.3時間(前年に比べ1.1%減)であった。

総実労働時間のうち,所定内労働時間は,一般労働者が事業所規模5人以上で157.3時間(前年に比べ0.3%減),事業所規模30人以上で154.2時間(前年に比べ0.2%増)であった。一方,パートタイム労働者は事業所規模5人以上で96.0時間(前年に比べ0.8%増),事業所規模30人以上で96.3時間(前年に比べ1.4%減)となった。

所定外労働時間は,一般労働者が事業所規模5人以上で15.0時間(前年に比べ4.4%増),事業所規模30人以上で17.6時間(前年に比べ6.2%増)であった。一方,パートタイム労働者は,事業所規模5人以上で3.4時間(前年と比べ32.3増),事業所規模30人以上で4.0時間(前年に比べ1.7%増)となった。

ウ 常用労働者

調査産業計の1ヶ月平均の常用労働者数は,一般労働者が事業所規模5人以上で698,565人(前年に比べ5.9%減),事業所規模30人以上では437,181人(前年に比べ0.2%減)であった。パートタイム労働者は,事業所規模5人以上で276,308人(前年に比べ18.4%増),事業所規模30人以上で141,482人(前年に比べ0.3%増)であった。

表-12 就業形態別比較
表-12 就業形態別比較

図-9 規模別,就業形態別給与額比較
図-9規模別,就業形態別給与額比較

目次に戻る

 統計表

※統計表はEXCEL形式です。

 

目次に戻る

ページの先頭に戻る

 

 

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課人口労働

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2649

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?