稲敷警察署協議会 令和元年第3回会議開催概要

開催日時

令和元年9月13日(金曜日)15時00分〜17時15分

このページのトップへ戻る

開催場所

茨城県稲敷市江戸崎甲2148番地2
江戸崎公民館

このページのトップへ戻る

出席者

  • 警察署協議会委員
    栗山会長 以下5名
  • 稲敷警察署
    永沼署長 以下7名

このページのトップへ戻る

議事内容

  • 前回協議会における諮問事項等に対する措置状況の説明
  • 令和元年第3期の業務推進状況報告及び意見の聴取
  • 令和元年第4期の業務計画案の説明及び意見の聴取
  • 警察署重点犯罪総合抑止対策についての説明
  • 諮問事項に対する意見の聴取
    • 地域情報発信活動の推進について
  • その他の意見要望等の聴取

このページのトップへ戻る

協議会の意見、要望及び警察署の対応状況

諮問事項に対する意見及び警察署の対応状況
[協議会]
地域の情報発信活動の重要性は認識しているが、駐在所で発行しているミニ広報誌について、どのような配布方法を取っているのか。
コンビニの店頭には、稲敷市の広報誌が置いてあったりするが、行政機関や大型店舗で置いてもらうことはできないか。
[警察署]
市役所、各町内の区長を通じて、回覧板等を利用して各家庭へミニ広報誌の配布を行っている。
町会に所属していない新住民の方に対して、今後はいかに配布していくか、コンビニ等への掲示する方法等も考慮して検討する。

[協議会]
読みたくなるような紙面づくりが必要ではないか。
高齢者にも読みやすい大きな文字、簡単でわかりやすい文章で、住民が興味あるタ イムリーな内容(自動車盗難、あおり運転)を掲載してはどうか。
誌面に、あれもこれも載せたい気持ちはわかるが、大きく一個か二個だけ載せたり、意見要望欄を設けてはどうか。
[警察署]
今後は、ミニ広報誌を作成する上で、ご意見を参考に、文字の大きさや簡単でわかりやすい誌面づくりを心がけたい。
タイムリーな話題に即応した誌面づくりをして、住民の方々に、注意喚起して行きたい。
意見要望欄についても検討する。

その他の意見及び警察署の対応状況
[協議会]
今後の茨城県警察を支えていく上で、新規の警察官の募集も不可欠だと思うが、 有能な人材を確保する上で、都道府県で勤務している警察官を中途採用することは可能か。
[警察署]
他県警の警察官が茨城県警察の採用試験を受験し、合格すれば茨城県の警察官になることができます。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先: 029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会