ホーム > 警察署協議会 > 稲敷警察署協議会開催概要

更新日:2020年11月17日

ここから本文です。

稲敷警察署協議会開催概要

開催日時

令和2年10月9日(金曜日)14時30分~16時00分

開催場所

稲敷市役所会議室

出席者

  • 警察署協議会委員
    栗山会長以下5名
  • 稲敷警察署
    永沼署長以下8名

議事内容

  • 令和2年第3期の業務推進結果報告及び意見の聴取
  • 和2年第4期(10月~12月)の業務計画案の説明及び意見の聴取
  • その他の意見要望等の聴取

協議会の意見、要望及び警察署の対応状況

その他の意見及び警察署の対応状況

協議会

自動車盗は、事業者と一般家庭でどちらの発生が多いのか。また、自動車盗抑止に向けた対策はできないだろうか。

警察署

事業者、一般家庭共に発生している。
対策としては、駐車している車の前に障害となる物を置いたり、通常のドア施錠に加えてハンドルロックをするなどし、二重、三重の盗難防止対策が効果的である。
また、犯人は下見をする場合が多いので、不審な人物、車両等を見かけた際には、ナンバーを確認し、110番通報をお願いしたい。

協議会

近年ドライブレコーダーが普及しているが、警察では、事件、事故等が発生した際に、ドライブレコーダーの映像を収集するための広報はしているのか。
ドライブレコーダーの映像の重要性について、住民に周知させていくべきではないか。

警察署

事件、事故が発生した際には、当事者の車両に設置されたドライブレコーダーの映像のほか、必要に応じて、目撃者等の車両に設置されたドライブレコーダーの映像も収集している。
ドライブレコーダーの映像提供や重要性については適切な方法で説明していく。

協議会

朝の通勤、通学時間帯に小学校の通学路を高速で通行する車が多く危険である。
交通指導取締りやパトロールによる抑止活動も重要であると理解できるが、見せる活動の一環として、警察官による通学路の立哨活動をお願いしたい。

警察署

朝の通勤、通学時間帯の交通違反が多いことは認識しており、警察官の立哨による抑止活動にも一定の効果があることは承知している。一方で、大通り等の通勤路線における速度違反等に対しては、交通指導取締りが効果的である。
最近の交通情勢を鑑み、秋の全国交通安全運動期間中も含めて、交通指導取締りに重点を絞って活動したが、今後も情勢をみながら、より効果的な交通事故抑止活動を展開していく。

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6/連絡先:029-301-0110(代表)