ホーム > 警察署協議会 > 太田警察署協議会開催概要

更新日:2021年9月7日

ここから本文です。

太田警察署協議会開催概要

開催日時

令和3年6月3日(水曜日)15時00分~17時00分

開催場所

警察署2階会議室

出席者

  • 警察署協議会委員
    6名
  • 太田警察署
    久保田署長以下7名

議事内容

  • 令和3年第2期(4月~6月)の業務推進状況報告及び意見の聴取
  • 令和3年第3期(7月~9月)の業務計画案についての説明及び意見の聴取
  • 諮問事項に対する意見の聴取
    高齢者の交通事故防止方策について
  • 令和3年第3期の諮問事項提案
    ニセ電話詐欺被害防止方策について

協議会の意見、要望及び警察署の対応状況

諮問事項に対する意見及び警察署の対応状況

協議会

  • 反射材付きマスクは有効的なものだと思う。自分から気をつけることで周りに気付かれることをアピールすることも大切ではないか。防災無線で反射材の着用を呼びかけてはどうか。
  • 夕方の高齢者の外出を控えるように促してはどうか。また、家族への働きかけもしてはどうか。普段身につけているものに反射材を取り付けるのも有効的ではないか。
  • 国道349号線を高速で走る車がいるので、交通事故を抑止するためにも、取締りを強化してはどうか。

警察署

  • 現在、反射材の着用率が低く、当署で配布した反射材付きのマスクも普及していないのが現状である。機会ある毎に交通安全を呼びかけ反射材付きマスクをはじめとした各種反射材等の着用を推進する。
  • 夕方の高齢者の外出については、警察から制限をすることは難しい。警察車両による赤色灯を点灯してのパトロールを実施し交通安全を呼びかける。
  • 国道349号線の高速で走る車に対しては、厳正に取締りを行っている。住民の安全が確保されるよう時間帯や場所を考慮しながら効果的な取締りを行っていく。

諮問事項以外の意見、要望及び警察署の対応状況

協議会

  • 高齢者の死亡事故はどのような事故が多いのか。認知症の高齢者が事故に遭ったケースもあるのか。
  • 山間部において不審な者を見かけたらどのようにすればよいか。また、不審な電話に対する対応はどうしたらよいか。

警察署

  • 管内における死亡事故は、いずれも道路横断中の事故で、認知症の高齢者の事故は発生していない。
  • 不審な者を見かけた際は、自分で対応しようとせず、すぐに110番してほしい。110番は無線を聞いている警察官がすぐに駆けつけられるので、非常に有効である。
    また、不審な電話がかかってきたら、一人で悩まず警察に連絡してほしい。警察としても治安を守るため、市民からの情報を求めている。

 

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550茨城県水戸市笠原町978-6連絡先:029-301-0110(代表)