取手警察署協議会 令和元年第3回会議開催概要

開催日時

令和元年9月13日(金曜日)17時00分〜17時40分

このページのトップへ戻る

開催場所

取手警察署3階会議室

このページのトップへ戻る

出席者

  • 協議会側
    委員10名(定員11名)
  • 取手警察署
    岡田署長 以下11名

このページのトップへ戻る

議事内容

  • 前回協議会における意見・要望等に対する措置状況
  • 令和元年第3期(7月〜9月)の業務推進結果報告及び意見の聴取
  • 令和元年第4期(10月〜12月)の業務計画案の説明及び意見の聴取
  • 諮問事項についての意見の聴取
    • 歩行者を交通事故から守る方策について
  • その他の意見要望等の聴取

このページのトップへ戻る

協議会の意見、要望及び警察署の対応状況

諮問事項に対する意見及び警察署の対応状況
[協議会]
信号機の設置されていない横断歩道で横断者がいるにも関わらず一時停止しない車が多いように感じる。取締りを強化してはどうか。
高齢者の運転免許証自主返納に関して、有効期限が切れた運転免許を返納した場合では証明書が発行されない制度となっているが、期限が切れた場合でも証明書等が発行される対策等はないか。
茨城の環境では車が必要な場面が多く、運転免許証の返納を行いたくてもできない場合も多いと思う。そのような人に対する対策を講じることはできないのか。
家族が運転免許証の返納を進めても「大丈夫」等と言われ、本人の意思によって返納されない場合が多々ある。家族が運転免許証返納を手助けできる方策等はないか。
[警察署]
横断歩行者妨害については、歩行者の多少等、道路環境を考慮した上で取締り体制を組み対応していく。
運転免許証自主返納制度が周知されていない点を考慮し、各広報媒体を通じて幅広く周知していく。
家族による運転免許証返納の手助けについては、交通安全協会でアクセル・ブレーキの踏み間違い防止装置の設置に関する補助等の取り組みもあることから、交通事故防止に資する各種取り組み制度等について周知し、返納等を含む多くの方策について家族で検討等できる環境作りを推進する。

このページのトップへ戻る

このページの内容についてのお問い合わせ先

茨城県警察本部警務部総務課公安委員会補佐室
〒310-8550 茨城県水戸市笠原町978-6 連絡先: 029-301-0110(代表)

  • 委員長・委員のプロフィール
  • 茨城県運営重点
  • 国家公安委員会