ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

青年農業士,農地集積や米の輸出を学ぶ

筑西地域青年農業士連絡協議会は,8月24日に(株)ライス&グリーン石島で研修会を行いました。協議会員のうち普通作経営体6名全員が参加して,農地中間管理機構を活用した農地集積や輸出米の取組について学びました。

農地集積については,同社の耕作地が記載された大縮尺の地図を見ながら,実際の作付ほ場の配置を確認し,5年後10年後の集落営農についてイメージを描いていくようにという説明を頂きました。また,輸出米の作付ほ場や水田センサーによる水位監視,乾田直は,密苗等それぞれの試験ほ場を巡回して現地研修を行いました。

参加した青年農業士は,試験ほ場で栽植密度や土づくりなど具体的な質問をしていました。農地集積の心構えについての説明が,自分の将来のビジョンを描くきっかけとなった様子でした。

最後にドローンの実演が行われ,操作や撮影画像の確認をしました。

普及センターでは,青年農業士に対して,引き続き地域の先進経営を学ぶ機会を提供し,情報交換により交流を図っていきます。

水田センサーの視察研修の様子

このページに関するお問い合わせ

県西農林事務所経営・普及部門 

茨城県筑西市二木成615筑西合同庁舎内

電話番号:0296-24-9206

FAX番号:0296-24-6979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?