ここから本文です。

更新日:2017年11月8日

JA北つくばでキラリモチ栽培講習会を開催

二条裸麦の「キラリモチ」は,精麦用途として高β-グルカン,糯性,プロアントシアニジンフリー(炊飯後褐変しにくい)の3つの特性を併せ持つ唯一の品種として,食品の機能性と精麦品質の両面で注目されています。JA北つくば管内では,全農茨城の要望を受け,平成26年産から「キラリモチ」の実証的生産を開始しました。平成29年産では,生産者4名が51haを栽培しましたが,実需者の強い増産の要望に応え,平成30年産は生産者9名で94haの栽培が予定されています。また,平成30年産では種子の生産も始まります。そこでこの度,「キラリモチ」の生産振興方針や栽培法,種子生産における留意点について生産者,関係者で確認する目的で栽培講習会が開催されました。講習会は,11月2日,筑西市のJA北つくば営農経済センターで,平成30年産「キラリモチ」の生産者10名のほか,全農いばらき県本部,JA北つくば職員も含め,23名が参加して行われました。

普及センターは、昨年までの調査で得られた結果を活用し,今年度新たに取り組む生産者を中心に適正追肥や適期防除,適期収穫などを指導し,安定生産を目指していきます。

このページに関するお問い合わせ

県西農林事務所経営・普及部門 

茨城県筑西市二木成615筑西合同庁舎内

電話番号:0296-24-9206

FAX番号:0296-24-6979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?