ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

下妻梨共同選果場統一目揃え会開催

7月31日、JA常総ひかり下妻第一選果場において、生産者130名、市場8社、ほか関係機関が出席し、下妻梨共同選果場統一目揃え会が開催されました。
目揃え会では、カラーチャートで1.5~2の色味での収穫を徹底することが申し合わされ,生産者と市場関係者で色味を確認し合う姿が見られました。
選果場長は、「少雨の影響が心配されたが,大玉でおいしい梨ができた。光センサーによる品質保証など付加価値をつけて有利販売をしていきたい。今年度は28万ケースの出荷を目標としている」と話していました。
下妻梨はこれから盆前に幸水が出荷のピークを迎え,8月中下旬からは甘熟梨(幸水),その後豊水などを出荷していきます。
当部門では、技術指導などによりこれからも下妻の梨生産を支援していきます。

県西農林事務所経営・普及部門

色味を確認し合う生産者と市場関係者

このページに関するお問い合わせ

県西農林事務所経営・普及部門 

茨城県筑西市二木成615筑西合同庁舎内

電話番号:0296-24-9206

FAX番号:0296-24-6979

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?