ここから本文です。

報道発表資料

更新日:2016年10月13日

茨城県景気ウォッチャー調査(平成28年9月調査分)

 平成28年10月13日掲載

 目次

  1. 概況
  2. 全県の動向
  3. 地域別の動向
  4. 報告書
  5. 統計表

ページの先頭に戻る

 1.概況

1.1.景気の現状判断DI

1.1.1.景気の現状判断DI

県全体の景気現状判断DIは前回(6月)調査より0.9ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を下回る44.2となり,10期連続で下向きとなりました。また,地域別の現状判断DIは,県央で前回調査から9.1ポイント上昇し,横ばいを示す50となりました。ほか4地域(県北・鹿行・県南・県西)では,50を下回る結果となりました。

  平成28年6月 平成28年9月 前回調査比

茨城県

43.3

44.2

+0.9

県北地域

42.7

42.5

-0.2

県央地域

40.9

50.0

+9.1

鹿行地域

46.1

42.1

-4.0

県南地域

48.3

43.8

-4.5

県西地域

38.2

42.5

+4.3

1.1.2.主な判断コメント

  • 山の日の新たな祝日効果でお盆休みが少し長くなった気がする。その分消費も少し上向いた。(旅行代理店)
  • 北海道や東北で相次いだ台風の上陸や接近に伴う記録的な大雨の影響で,原料が高騰し,利益が減少。(製造業(食料品))
  • 有効求人数は横ばい傾向であり,有効求職者は減少している状況にあり,大きな変化は見られない。(公共職業安定所)

1.2.景気の先行き判断DI

1.2.1.景気の先行き判断DI

景気の先行きに対する判断DIは横ばいを表す50を下回る47.6となり,5期連続で下向きとなりました。

  平成28年6月 平成28年9月 前回調査比

茨城県

47.5

47.6

+0.1

県北地域

46.1

48.7

+2.6

県央地域

53.9

49.2

-4.7

鹿行地域

46.4

49.6

+3.2

県南地域

48.7

47.5

-1.2

県西地域

41.8

43.0

+1.2

1.2.2.主な判断コメント

  • 飲食店関係者が店を締めるのが早いため,夜の仕事がない。飲食店にお客が入っていない。(タクシー運転手)
  • 県北芸術祭の開催を機会として,交流人口が増えることを期待する。(レジャー施設)
  • マイナス金利政策により,お預け入れするお客様が減少してきている。また,金融機関や証券会社など各社収益が出なくなっている。(農業関係者)

目次に戻る

 2.全県の動向

2.1.景気の現状判断DI

2.1.1.景気の現状判断DI(全県)

景気の現状判断DIは44.2となった。平成28年6月の調査(以下,「前回調査」という。)より0.9ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を10期連続で下回った。

景気の現状判断DI(全県)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

46.8

46.5

44.9

43.3

44.2

家計動向関連

44.7

46.2

44.2

43.1

40.8

企業動向関連

48.6

45.5

44.3

41.8

47.8

雇用関連

54.2

52.2

52.1

50.0

56.3

2.1.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

1.5%

18.7%

52.1%

21.0%

6.7%

平成27年12月

0.7%

18.9%

53.1%

20.0%

7.3%

平成28年3月

0.4%

17.7%

50.2%

24.7%

7.0%

平成28年6月

0.7%

14.7%

50.0%

26.2%

8.4%

平成28年9月

1.7%

13.7%

51.5%

25.8%

7.2%

2.1.3.主な判断コメント

  • 売上げが厳しくなっており,購買意欲が弱くなっているのではと感じます。セール品は売れますが,他は厳しい状況となっています。(コンビニエンスストア)
  • 山の日の新たな祝日効果でお盆休みが少し長くなった気がする。その分消費も少し上向いた。(旅行代理店)
  • 7月後半にポケモンGOのリリースがあり,ただでさえスマホゲームに押されがちな状況に拍車がかかりました。特に客単価の高いフィギュアなどを狙うコアユーザーが減少しました。一時的なブームだと思われるので,ポケモン関連商品が入荷するころには遅く,繁忙期にダメージだけが残った印象です。(ゲームセンター)
  • 北海道や東北で相次いだ台風の上陸や接近に伴う記録的な大雨の影響で,原料が高騰し,利益が減少。(製造業(食料品))
  • 公共事業の受注が減り,民間の設備投資に頼らざるを得ないが,民間も設備投資は景気の先行きが不透明なので慎重になっている。(製造業(窯業・土石製品))
  • 昨年9月の水害から1年が経過しているが,避難生活をしている人が多数おり,廃業を余儀なくされる人が後を絶ちません。地価も下落しており,明るい展望が描けない状態が続いている。(製造業(印刷・同関連業))
  • 有効求人数は横ばい傾向であり,有効求職者は減少している状況にあり,大きな変化は見られない。(公共職業安定所)
景気の現状判断DIの推移

景気の現状判断DIの推移のグラフ

 

2.2.景気の先行き判断DI

2.2.1.景気の先行き判断DI(全県)

3か月先の景気の先行き判断DIは47.6となった。前回調査より0.1ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を5期連続で下回った。

景気の先行き判断DI(全県)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

48.2

46.6

48.5

47.5

47.6

家計動向関連

48.2

46.8

49.4

45.6

46.6

企業動向関連

48.0

45.5

46.0

48.6

49.5

雇用関連

49.0

50.0

52.1

56.3

47.9

回答構成比(全県)2.2.2.回答構成比(全県)

回答構成比(全県)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.7%

19.9%

55.1%

20.2%

4.1%

平成27年12月

0.4%

15.3%

59.6%

20.0%

4.7%

平成28年3月

0.7%

18.5%

59.8%

16.2%

4.8%

平成28年6月

1.8%

17.9%

54.7%

19.6%

6.0%

平成28年9月

1.4%

19.2%

54.6%

17.9%

6.9%

2.2.3.主な判断コメント

  • なかなか良くならない。中心街から事業所が少なくなっており,受注量,受注額が年々縮小している。買い物をする人が歩かなくなった。歩行者の通行も減っている。(商店街代表者)
  • 飲食店関係者が店を締めるのが早いため,夜の仕事がない。飲食店にお客が入っていない。(タクシー運転手)
  • 県北芸術祭の開催を機会として,交流人口が増えることを期待する。(レジャー施設)
  • マイナス金利政策により,お預け入れするお客様が減少してきている。また,金融機関や証券会社など各社収益が出なくなっている。(農業関係者)
  • 不動産取引に若干の動きは見られるものの,明るい話題は聞こえてこない。経営者との会話の中でも先行きに対する不安が感じられる。(金融業)
  • 為替がある程度円安方向に振れない限りは,当面,現状維持ではないかと思われる。(製造業(食料品))
  • 求人情報の中の大学生給与単価が,安定している。(学校就業関係者)
景気の先行き判断DIの推移

景気の先行き判断DIの推移のグラフ

 

目次に戻る

 3.地域別の動向

 3.1.景気の現状判断DI

3.1.1.県北地域

3.1.1.1.景気の現状判断DI(県北地域)

景気の現状判断DIは42.5となった。前回調査より0.2ポイント低下し,横ばいを表す50を10期連続で下回った。

景気の現状判断DI(県北地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

42.0

46.3

44.9

42.7

42.5

家計動向関連

39.4

46.8

42.2

39.3

34.6

企業動向関連

43.4

44.7

47.2

47.4

53.9

雇用関連

56.3

50.0

56.3

50.0

56.3

3.1.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

1.8%

17.9%

41.1%

25.0%

14.3%

平成27年12月

0.0%

20.4%

50.0%

24.1%

5.6%

平成28年3月

1.9%

16.7%

51.9%

18.5%

11.1%

平成28年6月

0.0%

20.7%

41.4%

25.9%

12.1%

平成28年9月

1.8%

17.5%

38.6%

33.3%

8.8%

3.1.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 9月は異動などもあり,宴会が多いはずなのですか,今年は,少ないです。お客様のご注文も,主食のみが多いです。(中国料理店)
  • 相変わらず,収入が高くても不動産については「低予算」の方が多い。(不動産業)
  • 求人が断続的にある。(学校就業関係者)

3.1.2.県央地域

3.1.2.1.景気の現状判断DI(県央地域)

景気の現状判断DIは50.0となった。前回調査より9.1ポイント上昇し,横ばいを表す50となった。

景気の現状判断DI(県央地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

51.4

47.8

43.0

40.9

50.0

家計動向関連

47.1

46.6

42.4

42.6

45.5

企業動向関連

56.7

45.3

39.1

34.4

57.8

雇用関連

65.0

65.0

60.0

50.0

60.0

3.1.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

3.6%

25.5%

47.3%

20.0%

3.6%

平成27年12月

1.7%

19.0%

55.2%

17.2%

6.9%

平成28年3月

0.0%

17.5%

45.6%

28.1%

8.8%

平成28年6月

1.7%

8.6%

50.0%

31.0%

8.6%

平成28年9月

6.7%

15.0%

55.0%

18.3%

5.0%

3.1.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • 日本中でポケモンGOのブームが起こり,観光地や名所がポケモンの聖地となっているため,観光地である弊社も集客が増えております。しかし,売上げに直結しているわけではなく,依然消費動向は厳しいままです。外食や自動販売機は消費が伸びているので,経済の活性化の起爆剤となっているのは間違いありません。(観光名所)
  • 大手OEM受注数の減少が落ち着いたこと。台風影響の分,若干悪かった部分もあり。(製造業(食料品))
  • 下期の広告予算は昨年同時期と比べて微増している。上期の業績が良かった企業が多いと思う。(サービス業(広告業))

3.1.3.鹿行地域

3.1.3.1.景気の現状判断DI(鹿行地域)

景気の現状判断DIは42.1となった。前回調査より4.0ポイント低下し,横ばいを表す50を5期連続で下回った。

景気の現状判断DI(鹿行地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

48.6

48.2

45.8

46.1

42.1

家計動向関連

46.8

47.0

48.4

47.7

41.9

企業動向関連

51.3

50.0

41.7

42.1

40.3

雇用関連

50.0

50.0

45.0

50.0

50.0

3.1.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.0%

14.5%

67.3%

16.4%

1.8%

平成27年12月

0.0%

17.9%

60.7%

17.9%

3.6%

平成28年3月

0.0%

18.5%

51.9%

24.1%

5.6%

平成28年6月

1.8%

7.0%

66.7%

22.8%

1.8%

平成28年9月

0.0%

12.3%

54.4%

22.8%

10.5%

3.1.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)
  • 電子書籍やスマートフォンの普及により,雑誌・コミックの売上げが伸びず。競合店舗のポイント施策も影響。(小売業(書店))
  • 建設業,工務店,新築上棟が少ないです。特に,小さな工務店は仕事が受注できない。省エネ住宅など規制が厳しい面もあります。大手ハウスメーカーに,仕事を多く受注されています。ハウスメーカーの手伝いをしている工務店もあります。(建設業)
  • 求人企業がかなり増えてきているが,登録者(求職者)が少なくマッチングが図れない。(民間職業紹介業)

3.1.4.県南地域

3.1.4.1.景気の現状判断DI(県南地域)

景気の現状判断DIは43.8となった。前回調査より4.5ポイント低下し,横ばいを表す50を3期連続で下回った。

景気の現状判断DI(県南地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

45.8

50.5

47.7

48.3

43.8

家計動向関連

44.8

50.0

47.5

48.5

39.6

企業動向関連

44.7

51.3

48.7

47.4

47.4

雇用関連

55.0

50.0

45.0

50.0

60.0

3.1.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

1.9%

13.2%

54.7%

26.4%

3.8%

平成27年12月

1.9%

20.8%

56.6%

18.9%

1.9%

平成28年3月

0.0%

20.4%

51.9%

25.9%

1.9%

平成28年6月

0.0%

24.1%

50.0%

20.7%

5.2%

平成28年9月

0.0%

8.3%

63.3%

23.3%

5.0%

3.1.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 客数の伸びがなく苦戦しています。前年対比売上げも減少してきています。現在の業績の悪化を天気のせいにはしたくないですが,長雨の影響もあったのではと考えています。(スーパー)
  • 台風が3回も発生し,天候,交通手段も乱れ,夏休みにも影響が出ていた。ゴルフ場もそうだが,レジャー旅行等に関する景気についても悪い影響があると思われる。(ゴルフ場)
  • 食品関係は3か月前と比較しても好調を維持しているが,全体的に見ると変わらない状況になってきた。(運輸業(倉庫業))

3.1.5.県西地域

3.1.5.1.景気の現状判断DI(県西地域)

景気の現状判断DIは42.5となった。前回調査より4.3ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を10期連続で下回った。

景気の現状判断DI(県西地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

46.4

39.4

43.3

38.2

42.5

家計動向関連

45.4

40.6

40.8

37.1

41.7

企業動向関連

48.4

35.3

44.1

36.8

40.8

雇用関連

45.0

45.0

55.0

50.0

55.0

3.1.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.0%

22.9%

50.0%

16.7%

10.4%

平成27年12月

0.0%

16.7%

42.6%

22.2%

18.5%

平成28年3月

0.0%

15.4%

50.0%

26.9%

7.7%

平成28年6月

0.0%

12.7%

41.8%

30.9%

14.5%

平成28年9月

0.0%

15.8%

45.6%

31.6%

7.0%

3.1.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 来客数や予約は多くなってきているが,このところの台風がまとまって来ているので,材料不足や原価の高騰により3か月前とあまり変わらないと思われる。(和食食堂)
  • バス料金は,1回あたりとして上昇したが,回数が少ないです。つまり団体旅行やグループ旅行が少なくなってきています。部活動も,父兄がワゴン車で送迎しているので練習試合などは,少なくなっている。大会だけでは,年間数回だけです。(旅行代理店)
  • 3か月前と変わらず,求人企業が多い。(学校就職関係者)
地域別現状判断DIの推移

地域別現状判断DIの推移のグラフ

 

目次に戻る

 3.2.景気の先行き判断DI

3.2.1.県北地域

3.2.1.1.景気の先行き判断DI(県北地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは48.7となった。前回調査より2.6ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を6期連続で下回った。

景気の先行き判断DI(県北地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

46.9

47.7

43.1

46.1

48.7

家計動向関連

47.7

48.4

43.0

41.4

47.8

企業動向関連

46.1

46.1

44.4

51.3

52.6

雇用関連

43.8

50.0

37.5

62.5

37.5

3.2.1.2.回答構成比(県北地域)
回答構成比(県北地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.0%

17.9%

55.4%

23.2%

3.6%

平成27年12月

0.0%

16.7%

59.3%

22.2%

1.9%

平成28年3月

0.0%

18.5%

42.6%

31.5%

7.4%

平成28年6月

0.0%

22.4%

51.7%

13.8%

12.1%

平成28年9月

3.5%

21.1%

50.9%

15.8%

8.8%

3.2.1.3.主な判断コメント(県北地域)
  • 期待を込めてではあるが,夏の天気があまり良くなく,支出が少なかったと思われるので,少し使うような気がしている。(小売業(時計))
  • 9月~11月の観光シーズンでありながら前年より受注が減っている。(旅行代理店)
  • 中国や新興国の景気低迷をはじめ海外の需要が思ったように伸びないことや円高が一定水準まできて安定している。(製造業(化学工業))

3.2.2.県央地域

3.2.2.1.景気の先行き判断DI(県央地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは49.2となった。前回調査より4.7ポイント低下し,横ばいを表す50を3期ぶりに下回った。

景気の先行き判断DI(県央地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

50.5

46.1

51.3

53.9

49.2

家計動向関連

51.4

47.3

50.7

51.4

45.5

企業動向関連

46.7

39.1

51.6

59.4

57.8

雇用関連

55.0

60.0

55.0

55.0

50.0

3.2.2.2.回答構成比(県央地域)
回答構成比(県央地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.0%

27.3%

50.9%

18.2%

3.6%

平成27年12月

1.7%

12.1%

58.6%

24.1%

3.4%

平成28年3月

3.5%

15.8%

68.4%

7.0%

5.3%

平成28年6月

6.9%

22.4%

53.4%

13.8%

3.4%

平成28年9月

3.3%

20.0%

51.7%

20.0%

5.0%

3.2.2.3.主な判断コメント(県央地域)
  • タクシーに乗っているお客様が新しい店の建設に喜んでいる様子ですが,店の閉鎖の跡地に新店舗ができるというような感じで景気が良くなっているとは思えないです。(タクシー運転手)
  • 例年にないくらいの秋らしい天候になることに期待するとともに,この秋に開催される県北芸術祭,11月の紅葉シーズンに県内外のお客様が楽しんでいただければ,県北,県央地区の景気は低迷した夏の分を取り返し,良くなっていると思います。(スーパー銭湯)
  • 当分の間,求人倍率が下がる様子が見られない状況。(公共職業安定所)

3.2.3.鹿行地域

3.2.3.1.景気の先行き判断DI(鹿行地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは49.6となった。前回調査より3.2ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を5期連続で下回った。

景気の先行き判断DI(鹿行地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

48.6

48.2

48.1

46.4

49.6

家計動向関連

47.6

49.2

50.8

47.7

50.0

企業動向関連

50.0

45.8

43.1

40.8

48.6

雇用関連

50.0

50.0

50.0

50.0

50.0

3.2.3.2.回答構成比(鹿行地域)
回答構成比(鹿行地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

1.8%

12.7%

67.3%

14.5%

3.6%

平成27年12月

0.0%

14.3%

67.9%

14.3%

3.6%

平成28年3月

0.0%

11.1%

74.1%

11.1%

3.7%

平成28年6月

0.0%

12.5%

62.5%

23.2%

1.8%

平成28年9月

0.0%

15.8%

71.9%

7.0%

5.3%

3.2.3.3.主な判断コメント(鹿行地域)
  • 働く女性や高齢者の増加により,野菜・魚・肉などの素材の売上げが減少傾向にある。その代わり,お惣菜や簡便商材の売上げ増になっている。やはり,スーパーとしては,素材が売れないことには売上げの増加にはならない。(スーパー)
  • 大手メーカーの工場が数多くある場所に隣接している立地のため,そこで働いている方の給与増への期待感。また,最低時給の底上げなどの影響での客単価増加により,先行きとしては,若干良くなっていると思います。(レジャー施設)
  • 当組合の取引先である中小零細企業においては,業況が好転している企業はあまり見受けられず,業況は前年同水準で推移している企業が多く,今後3か月の景気動向については変わらないと思います。(金融業)

3.2.4.県南地域

3.2.4.1.景気の先行き判断DI(県南地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは47.5となった。前回調査より1.2ポイント低下し,横ばいを表す50を5期連続で下回った

景気の先行き判断DI(県南地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月
平成28年
9月

合計

48.1

49.1

49.1

48.7

47.5

家計動向関連

47.4

48.3

50.0

45.6

46.5

企業動向関連

47.4

50.0

46.1

51.3

50.0

雇用関連

55.0

50.0

55.0

60.0

45.0

3.2.4.2.回答構成比(県南地域)
回答構成比(県南地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

0.0%

17.0%

60.4%

20.8%

1.9%

平成27年12月

0.0%

20.8%

56.6%

20.8%

1.9%

平成28年3月

0.0%

20.4%

61.1%

13.0%

5.6%

平成28年6月

1.7%

19.0%

53.4%

24.1%

1.7%

平成28年9月

0.0%

18.3%

56.7%

21.7%

3.3%

3.2.4.3.主な判断コメント(県南地域)
  • 毎年9月以降は,新米が贈答用としてご活用いただけるのですが,今年は,米価が高いことから贈答としてのお米は見送られると想像します。また,例年以上に縁故米が多く出回りそうです。(小売業(米穀))
  • 納入先の販売見通しが堅調な様子。(製造業(非鉄金属))
  • 就職面接会を他でも参加したが,採用通知を出しても,辞退されてしまうという事業所が最近多い。(求人開拓員)

3.2.5.県西地域

3.2.5.1.景気の先行き判断DI(県西地域)

3か月先の景気の先行き判断DIは43.0となった。前回調査より1.2ポイント上昇したものの,横ばいを表す50を2期連続で下回った。

景気の先行き判断DI(県西地域)
分野 平成27年
9月

平成27年

12月

平成28年
3月
平成28年
6月

平成28年

9月

合計

46.9

42.1

51.0

41.8

43.0

家計動向関連

46.3

40.6

52.5

39.5

43.2

企業動向関連

50.0

45.6

45.6

42.1

39.5

雇用関連

40.0

40.0

60.0

55.0

55.0

3.2.5.2.回答構成比(県西地域)
回答構成比(県西地域)
調査年月 良く
なっている
やや良く
なっている
変わらない やや悪く
なっている
悪く
なっている

平成27年9月

2.1%

25.0%

39.6%

25.0%

8.3%

平成27年12月

0.0%

13.0%

55.6%

18.5%

13.0%

平成28年3月

0.0%

26.9%

51.9%

19.2%

1.9%

平成28年6月

0.0%

12.7%

52.7%

23.6%

10.9%

平成28年9月

0.0%

21.1%

42.1%

24.6%

12.3%

3.2.5.3.主な判断コメント(県西地域)
  • 今年は地域振興券の恩恵が受けられず,やや悪くなると思います。(専門スーパー)
  • 台風の影響もあり,農産物への被害が拡大する中で,野菜の高騰等,消費も落ち込むのではないかと思える。(農業関係者)
  • 水害に関係する工事が出てきているので,仕事量が多くなってくると思うので,良くなることに期待しています。(建設業)
地域別先行き判断DIの推移

地域別先行き判断DIの推移のグラフ

 

目次に戻る

 4.調査結果報告書

 

目次に戻る

 5.統計表

 

目次に戻る

ページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

政策企画部統計課企画分析

茨城県水戸市笠原町978番6

電話番号:029-301-2642

FAX番号:029-301-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?