ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

大豆-葉焼病(Xanthomonas campestris pv.glycines)

発生及び被害の状況と発生条件

 主に葉に発生する。病斑は1~2ミリメートルの大きさで,褐色~黒褐色だが,その周りに淡黄色のハローができる。病斑の表面はあまり盛り上がらないが,裏面は病斑の中央部分が少し盛り上がる。高温期の発生が多く,発生後期になっても個々の病斑は融合せずに孤生する場合が多い。病原細菌は,風雨で運ばれてダイズの葉などに侵入し,数日間潜伏した後に発病する。

防除のポイント

1.薬剤散布による防除。
2.健全種子の選択
3.抵抗性の強い品種の選択
4.被害残さの適切な処理

 

※画像の無断使用および転用を禁じます。

病斑は1~2ミリメートル,褐色~黒褐色でハローを伴う。

病斑は1~2ミリメートル,褐色~黒褐色でハローを伴う。

葉裏の病斑  葉裏の病斑

葉裏では病斑が盛り上がる  葉裏では病斑が盛り上がる

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?