ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

大豆-べと病(Peronospora manshurica)

発生及び被害の状況と発生条件

 主に葉に発生するが,子実にも感染する。葉では,はじめ円形または不規則な形の黄白色の病斑ができる。病斑の裏面には,綿毛のような灰色の菌そうが盛り上がる。発病が激しいと,葉は萎凋して落ちる。子実では,種皮に亀裂を生じ,乳白色~黄褐色の菌糸でうすく覆われる。

防除のポイント

1.発病初期からの薬剤防除を徹底する。なお,病害虫防除所の調査では,納豆小粒は,タチナガハに比べ発生が多い傾向にある。
2.連作を避ける。
3.密植を避け風通しを良くする。
4.種子や被害茎葉は翌年の第一次伝染源となるので,収穫後の被害残さは適切に処分する。

 

※画像の無断使用および転用を禁じます。

葉にできた黄白色の病斑  葉にできた黄白色の病斑

葉裏に形成された綿毛状の菌そう  葉裏に形成された綿毛状の菌そう

子実は菌糸で覆われる  子実は菌糸で覆われる

子実は菌糸で覆われる

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?