ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

麦類-黒節病(Pseudomonas syringae pv. syringae

発生及び被害の状況と発生条件

 オオムギ,コムギの葉,葉鞘,節,稈,穂に発生する。病原菌は,細菌(バクテリア)の一種で,生育適温は22~24℃である。種子伝染性病害であり,さらに,風雨等で感染が拡大すると考えられている。本菌は乾燥条件に極めて強く,被害ワラでは1年以上,種子では約5か月間生存し,土中での越冬も可能である。暖冬で経過し,植物体に傷害を与える寒波が襲来した後に発生が多い傾向がある。
 症状としては,葉鞘の葉脈に沿って黒褐色の長い条斑を生じ,これが葉にまで連続する場合も多い。稈では,節の部分が濃く褐変し,節の上下に黒い条線が伸びて,これより上の部位では生育が劣ったり枯死することもある。また,病徴の進んだ被害茎を引っ張ると容易に抜ける。発病が進むと,稈の基部がくびれて直径0.5~1.0ミリメートルの穴を生じることがある。穂が感染すると,ねじれたり湾曲するものが見られ,多発すると穂焼症状を起こす。
 オオムギ斑葉病と葉の症状が似ているが,斑葉病では葉から葉鞘に連続する条斑にならない。また,斑葉病では,進展病斑上にスス状のカビが発生するが,黒節病では発生しないので区別できる。

防除のポイント

1.種子消毒を行う。
2.被害株を早期発見して抜き取る。
3.不耕起栽培,早播き,多肥,排水不良を避ける。
4.前年発病した圃場での栽培や,同一圃場での連作を避ける。

 

※画像の無断使用および転用を禁じます。

葉~葉鞘に連続した条斑  葉~葉鞘に連続した条斑

多発圃場での病徴  多発圃場での病徴

出穂後の病徴(稈)  出穂後の病徴(稈)

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?