ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

サツマイモ-アワダチソウグンバイ

発生及び被害の状況と発生条件

 成虫は体長が約3ミリメートルで,前翅の周縁部と一部の翅脈上に顕著な棘を列生し,前翅に多数の特徴的な褐色斑がある。幼虫は褐色の紡錘形で多数の棘がある。主に葉裏に生息し,幼虫は集団で生息する場合が多い。本種はサツマイモ以外にも,ヒマワリ,キク,ナス等,多種の作物に寄生・加害する他,セイタカアワダチソウ等のキク科雑草にも寄生することが知られている。
 葉に寄生し吸汁することにより,葉に白いかすり状の白斑症状を生じるとともに,黒い粘液状の排泄物が付着することにより,葉がすすけて汚れる。

防除のポイント

1.現在,サツマイモでの登録薬剤はない。
2.圃場周辺のセイタカアワダチソウ等のキク科雑草は,発生源となるので密度が高くなる前に除草を徹底する。

 

 

※画像の無断使用および転用を禁じます。

成虫(写真上部)および幼虫(写真下部) 成虫(写真上部)および幼虫(写真下部)

被害葉 被害葉

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?