ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

サツマイモ-紫紋羽病(Helicobasidium mompa)

発生及び被害の状況と発生条件

本病は,糸状菌(かび)の一種によって引き起こされる土壌伝染性病害で,野菜,果樹等,多くの作物に発生する。本病に感染すると,イモの表面に紫褐色の菌糸束が網目のようにからみつき(写真1),症状がすすむと,菌糸束が密になってフェルト状になる(写真2)。病勢が進展するとイモの内部まで軟化,腐敗することもある。また,地際部の茎や根にも紫褐色の菌糸束がまとわりつき,地上部が発育不良となり黄化する。被害残渣上の菌糸,土壌中の菌糸塊,子実体が伝染源となる。本菌の生育はpH6.0付近,22~27℃が最適である。また,未分解有機物を栄養源とするので,pHが低い開墾地,桑園や果樹園の跡地など未分解有機物が多い圃場で発生しやすい。

防除のポイント

1.発生圃場では,イネ科作物と輪作する。
2.開墾地や未分解有機物が多い圃場では,石灰資材の施用などにより,土壌中の有機物の分解を早める。
3.罹病したイモは圃場外に持ち出し,処分する。
4.土壌消毒を行う。

サツマイモの耕種的防除法

※画像の無断使用および転用を禁じます。

 写真1 イモ表面にからみつく菌糸束

 写真2 フェルト状の菌糸束

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部発生予察課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?