ここから本文です。

更新日:2019年12月25日

リンゴ-褐斑病(Diplocarpon mali

発生及び被害の状況と発生条件

葉での病徴は,はじめ紫褐色の小さな斑点を生じ,これらが拡大・融合すると褐色で輪郭が不明瞭な大きな病斑となる。病斑内部には黒色虫糞様の分生子層が形成される。罹病した葉はやがて黄変し,早期落葉してしまう。果実に発生した場合は,褐色・円形でややくぼんだ斑点を生じ,拡大しながら黒色化する。
本病はかびによる病害。病原菌の越冬は枝表面や樹皮の間,落葉上で行われる。越冬した胞子は開花期頃から風雨によって飛散し,伝染源となる。葉裏の気孔から感染し,15~20日間の潜伏期間を経て発病する。病斑上には新しい胞子が形成され,二次伝染を繰り返す。

防除のポイント

1.被害部位は二次伝染源となるため,早期に取り除く。
2.発病を認めた場合には,被害部位をできるだけ取り除いた後,薬剤散布を行う。
3.翌年への病原菌の持ち越しを防ぐため,収穫後の防除を実施する。
4.落葉は第一次伝染源となるので,適正に処分する。

リンゴの耕種的防除法

    ※画像の無断使用および転用を禁じます。

被害葉 被害葉

黒色の分生子層 黒色の分生子層

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?