ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

サツマイモ-イモキバガ(イモコガ)

発生及び被害の状況と発生条件

 年4回発生する。乾燥条件が続く年に発生が多い。幼虫は葉を折って綴り,内側から葉肉を食害する。綴った葉を開くと,幼虫が歩き回り,糞がかたまっている。食害中の葉は白くすけてみえるが,次第に枯れて褐色になる。多発すると収量に影響する。

防除のポイント

1.綴られた葉が多発生したら薬剤防除を実施する。なお,農薬の散布にあたっては農薬のラベルを確認してから使用する。
2.サツマイモの栽培地で広く発生するため,付近の畑を含めた広範な防除を行った方が効果的である。

 

※画像の無断使用および転用を禁じます。

幼虫は葉を折って綴る。  幼虫は葉を折って綴る。

綴った葉を開くと幼虫がすばしこく動き回り,糞がかためてある。

綴った葉を開くと幼虫がすばしこく動き回り,糞がかためてある。

綴った葉を開くと幼虫がすばしこく動き回り,糞がかためてある。

 

このページに関するお問い合わせ

農林水産部農業総合センター病害虫防除部防除指導課

茨城県笠間市安居3165-1(園芸研究所内)

電話番号:0299-45-8200

FAX番号:0299-45-8255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?